メーカー社会人3年目の冬ボーナス

【メーカー社会人3年目】私自身の『冬のボーナス』を公開します!

●●●
困っている人

メーカー勤務3年目だと、冬ボーナスは結構貰えそう。
実際どれくらい貰えるの?

こんな疑問を解消します。

私は大学院を修了し、大手自動車部品メーカーに新卒入社しました。

そして今月、入社してから『3回目の冬ボーナス』が振り込まれました!

 
 
そこで今回は、メーカー3年目である私自身の『冬のボーナス』を発表しちゃいます!
 

本記事の内容・ 社会人3 年目『冬のボーナス』明細
・ 『2年目の冬ボーナス』との比較
・ 『3年目の冬ボーナス』のボリューム
・ 日本全体の『冬のボーナス』
・ 完成車・部品メーカーのボーナス
・ 部品メーカーは高給・ホワイト
・ 就活生の方々に
・ 就職偏差値ランキング

社会人3年目『冬のボーナス』明細


それでは、ボーナスの明細を発表します!

支給金明細
基本給配分 +261,300円
成果分 +430,100円
非在籍分の控除 0円
合計 691,400円
控除金明細
雇用保険料 2,100円
健康保険料 22,100円
 厚生年金保険料 63,300円
 所得税 61,800円
住民税 0円
会社の保険 0円
合計 149,300円
差引支給額
差引支給額 542,100円

 
支給金合計69.14万円に対して、控除金合計14.93万円となりました。

私の基本給が『26.6万円』であるため、約2.6ヶ月分ということになります。

(69.14万円 ÷ 26.6万円 = 2.6)

 
大企業だと2.5ヶ月くらいが一般的であるため、あまり不満はありません。

●●●
もっぷ

自分自身の評価次第で±5万円は変わります。

 

『1年目/2年目の冬ボーナス』との比較

ビジネスグラフ
続いて、各項目について『1年目/2年目の冬ボーナス』との比較を示します。

まずは、支給金明細からです。

支給金明細

  1年目 2年目 3年目
基本給配分 +246,100円 +246,000円 +261,300円
成果分 +333,000円 +368,000円 +430,100円
合計 579,100円 614,000円 691,400円

 
3年目の冬ボーナスは、2年目から約7万円増えました。

基本給分も増加ましたが、それ以上に『成果分が大きく増加している』ことが分かります。

●●●
もっぷ

前年よりも評価UPしたことが、成果分増加の要因です。

 

控除金明細

  1年目 2年目 3年目
雇用保険料 1,737円 1,900円 2,100円
健康保険料 18,490円 19,600円 22,100円
厚生年金保険料 53,070円 56,300円 63,300円
 所得税
20,718円 33,000円 61,800円
住民税 0円  0円 0円
会社の保険 0円  0円 0円
合計
94,015円  110,800円 149,300円

 
全項目が増加していますが、『特に所得税の増加が大きい』ことが分かります。

●●●
もっぷ

保険自体は不要だと考えているため、払っておりません。

 

支給金に対する控除金の割合

では、実際に何パーセントが税金などで持っていかれたか比較してみます。

1年目:9.40万円 ÷ 57.91万円 × 100 = 16.23%

2年目:11.08万円 ÷ 61.40万円 × 100 = 18.05%

3年目:14.93万円 ÷ 69.14万円 × 100 = 21.59%

 
『段々と控除割合が増加している』ことが分かりますね。

●●●
もっぷ

累進課税制度によって、所得が増えれば控除割合も増加しているのです。

 
関連記事 メーカー新入社員である私自身の『冬のボーナス』を公開します!

関連記事 【メーカー社会人2年目】私自身の『冬のボーナス』を公開します!
 
 

『3年目の冬ボーナス』のボリュームゾーン

お金

年齢・職種・企業規模によって大きく異なりますが、大手企業だと『基本給の1ヶ月〜2.5ヶ月程度』が多いです。

3年目の基本給は『25万円~30万円』が多いため、冬のボーナスは『25万円~75万円』がボリュームゾーンとなります。

●●●
もっぷ

基本給がUPすれば、その分ボーナスも増加する会社がほとんどです。

 

日本全体の『冬のボーナス』はどれくらい?

企業提携
厚生労働省の調査によると、『2020年の民間企業平均は38.0万円』となっています。

産業別の平均もチェックしてみましょう。

 産業 平均ボーナス額
鉱業,採石業等 575,313円
建設業 459,895円
製造業 485,658円
電気・ガス業 820,664円
情報通信業 659,022円
運輸業、郵便業 334,099円
 卸売業、小売業 332,330円
 金融業、保険業 646,614円
 不動産・物品賃貸業 456,336円
学術研究等 591,905円
飲食サービス業等 52,955円
生活関連サービス等 141,119円
教育、学習支援業 536,522円
医療、福祉 309,215円
複合サービス事業 455,477円
その他のサービス業 219,545円
上記の産業合計 380,646円

(参照:厚生労働省ー毎月勤労統計調査-令和3年2月分結果速報及び令和2年年末賞与の結果)

●●●
もっぷ

製造業は50万円以上となっており、全産業平均より高いことが分かります。

 

自動車メーカー・自動車部品メーカーのボーナスはどれくらい?

日経新聞社が実施している『2021年冬のボーナス調査』などによると、以下のようになっています。

2021年冬ボーナス平均支給額
日産自動車 932,150円
ヤマハ発動機 907,666円
日産車体 841,500円
ボッシュ 1,055,200円
豊田自動織機 870,000円

 
上記の金額は、『高卒で働いている技能職の方々も含めた平均額』です。

つまり、大卒総合職はさらに貰っていることになります。

●●●
もっぷ

一回のボーナスで100万円も貰えれば、仕事のモチベーションも高まりそうですよね。

 

転職を考えている方へ

転職

まずは、あなた自身の市場価値(想定年収)を知る必要があります。

自分が「転職した場合に年収が上がるか」判断するためです。

●●●
困っている人

確かに、年収が下がるなら意味ないね。

●●●
もっぷ

年収が上がりそうなら、その後に「転職エージェント」に登録しましょう。

 
自分の市場価値を知ることができるサービスとしてMIIDAS(ミイダス) があります。

簡単な質問に答えるだけで「7万人の転職実績データ」から、自分の市場価値を測ることができます。

ミイダスについては、下記にて紹介しています。

 
その人のキャリアに応じて、質問事項が変わるのでとても正確です。

転職活動の第一歩として、ぜひ登録してみて下さい!

>>市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!


 

メーカー3年目社員の冬ボーナスまとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『3年目は評価UPによってボーナスが増加』という結果になりました。

毎日の業務を一生懸命こなせば、評価が上がってボーナスも増えるます。

サラリーマンの皆様、お互いコツコツと頑張りましょう!

\若手社員の年収・残業など/

若手社員の記事≫

関連記事 【メーカー新入社員】新卒1年目の年収を公開します!

関連記事 【メーカー社会人2年目】私自身の『年収』を公開します!

スポンサードリンク