お金と会社員

【メーカー新入社員】新卒1年目の年収を公開します!

●●●
困っている人

ついに来年から社会人か…
新卒1年目の年収ってどれくらいなの?

こんな疑問を解消します。

私は大学院を修了し、昨年の4月から「大手自動車部品メーカー」で働いています。

「新入社員研修」「地獄の工場実習」を終え、9月からやっと「部署配属」されて毎日必死で仕事を覚えている最中です。

 
 
怒られながらも仕事をこなし、ようやく年末を迎えることができたため、「新卒1年目の年収」を計算することにしました。

そこで今回は、メーカー新入社員である私自身の『新卒1年目の年収』を公開していきます!
 

本記事の内容・ 毎月の給与
・ 毎月の給与にばらつきがある理由
・ 夏と冬のボーナス
・ 年収(給与とボーナスの合計)
・ 新卒1年目の平均年収
・ 4月に給与支給がないと生活がキツキツ
・ 2年目には一気に年収が増える

 

記事の信頼性筆者は「大手自動車部品メーカー」1年目のエンジニアです。

毎月の給与

給料明細

まずは、毎月の給与(額面)を紹介します。

交通費などが支給されているため、他より多くなっている月などもあります。

毎月の給料(額面)
4月 0円
5月 232,000円
6月 246,000円
7月 313,000円
8月 301,000円
9月 315,000円
 10月 232,000円
 11月 253,000円
12月 261,000円
合計 2,153,000円

 
毎月の給与合計は「215.3万円」になりました!

私的には、「1月~4月は給与0円である割には結構稼いだな」という印象です。

 
しかし、月ごとに「ばらつき」がありますよね。

次はこの理由を説明していきます!
 

毎月の給与に「ばらつき」がある理由

グラフ資料
給与は、4月~6月が少ないのに対して7月~9月は多くなっています。

なぜこのように給与に「ばらつき」があるのか説明していきます。

・4月の給与が0円となっているのは、5月から給与支給開始となっているため

 

・5月と6月の給与が少ないのは、4月から5月は『新入社員研修』で残業がほぼ0であったため

 

・7月から9月の給与が多いのは、6月から8月までが『工場実習』期間であり、夜勤を少し経験したため

 

・10月の給与が少ないのは、部署に本配属されたばかりで残業がほぼ0であったため

 

・11月には『おかわり工場実習』があったが、夜勤0であったため、給与が少ない

 

・12月の給与が少し高くなったのは、仕事を覚え始めてわずかに残業したため

 

夏と冬のボーナスはいくら?

通帳と1万円札

ボーナス(額面)
夏のボーナス(7月) 137,000円
冬のボーナス(12月) 580,000円
合計 717,000円

 
夏冬のボーナス合計は「71.7万円」でした!

夏のボーナス:寸志
冬のボーナス:基本給の2.5ヶ月分

*基本給:230,000円

 
昨年まで学生だった私からすると大金であるため、口座残高を見てとても興奮したのを覚えています。
 
 
「夏と冬ボーナス」の詳細については、以下の記事にまとめているので是非ご覧ください。

 

年収(給与とボーナスの合計額)はいくら?

スーツからお金を出す男性

年収(額面)
毎月の給料合計 2,153,000円
ボーナス合計 717,000円
年収 2,870,000円

 
新卒1年目の年収は「287.0万円」でした!

私個人の感想としては、予想外に低かったです。

「新卒1年目でも400万円弱いくのかな?」と思っていたのですが、やはり現実は厳しいですね…

 
これ、他の企業の新卒社員も同じなんですかね?

納得できないので「新卒1年目の平均年収」を調べてみます!
 

新卒1年目の平均年収は?

平均年収

新卒1年目の平均年収は、「250万円~300万円」がボリュームゾーンだというデータがあります。

●●●
もっぷ

私の年収もボリュームゾーンに入っていますね。
調べてみるまで、これくらいが妥当と知りませんでした。

 
新卒1年目の皆さん、調子に乗って新車買ったりするとキツイのでよく考えてからにしましょう…
 

4月に給与支給がないと生活がキツキツ


4月は給与が無かったため、そのせいで毎月クレジットカード支払いに追われたので余計に苦しかったです…

(貯金が少なかった自分が悪い)

私と同じように「4月は給与支給がない」方は20万円くらい貯金しておくことをおすすめします!
 

2年目には一気に年収が増える

ガッツポーズ
2年目になると4月から給与が貰え、しかも「夏季ボーナスも満額支給」であるため、一気に年収が増えます。

また、修士卒であれば職級が1つ上がり、基本給が増える企業も多いです。

そのため、やはり1年目は「我慢の年」だと言えます。
 

スポンサードリンク
 

感想

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「多いか少ないか」感じ方は人それぞれですが、私の場合は「ちょっと少ないな…」と思いました。

新入社員の皆さん、2年目に期待して何とか1年目を乗り越えましょう!

この記事が皆さんのお役に立つことを願っています。

\新入社員の年収・残業など/

新入社員の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク
お金と会社員
最新情報をチェックしよう!