プリプレグの役割

【初心者向け】プリプレグの「役割」を解説します!

●●●
困っている人

プリント基板を勉強していく中で「プリプレグ」というワードをよく耳にする。
どんな役割なんだろう?

こんな疑問を解消します。

プリプレグ(PP)は、『4層以上の多層基板に使用される絶縁材料』です。

近年、プリント基板は『6層』や『8層』をはじめとして多層化しているため、電子回路設計者にとって『プリプレグ』は必須の知識となります。

そこで今回は、プリプレグの『役割』について解説していきます!
 

本記事の内容・ プリプレグとは
・ プリプレグの役割
・ 電源バッテリ外れの原因
・ ロードダンプ対策
・ まとめ
スポンサードリンク

プリプレグとは

4層基板の構造
図のように、プリプレグは『層間に挟み込まれている絶縁体』の役割を担う樹脂シートです。

●●●
もっぷ

ちなみに、層とは『銅箔部分』を指します。

 
『4層以上の多層基板』にだけ使用されるため、『片面基板』や『両面基板』にはありません。
 

プリプレグの役割

ガード
プリプレグの役割は、『接着剤』と『絶縁層』の2つです。

【プリプレグの役割】
 
接着剤:内層の銅箔・プリプレグ・外層の銅箔を密着させる
 
絶縁層:層間を絶縁させる

 
それぞれの役割について解説していきます。
 

接着剤

接着剤
プリプレグは、ガラス布に樹脂(主にエポキシ)を含浸させて半硬化状態(Bステージ)まで硬化させた樹脂シートです。

そのため、120℃以上に加熱すると樹脂が溶けて銅箔と密着し、さらに過熱して170℃以上になると硬化します。

●●●
もっぷ

このようにして、積層していく際、内層の銅箔・プリプレグ・外層の銅箔を接着させる役割があります。

 

絶縁層

絶縁
プリプレグは、エポキシ樹脂のような電気絶縁性をもつ素材でできているため、層間を絶縁します。

プリプレグを層間に挟み込むことにより、各層のパターンがそれぞれに影響しなくなります。

●●●
もっぷ

FR-4(Flame Retardant Type 4)のような『ガラスエポキシ樹脂』が主に使われています。

 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

電子回路のAW設計・発注を行う方にとって『プリプレグ』は必須の知識です。

プリプレグの『役割』についてしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\ソルダレジストなど/

電子回路の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク