プリント基板へのはんだ付け

オーバーレジストの「仕組み」や「役割」を解説します!

●●●
困っている人

プリント基板を勉強していく中で「オーバーレジスト」というワードをよく耳にする。
どんな意味なんだろう?

こんな疑問を解消します。

近年、部品の超小型化が進んでおり、基板実装も難しくなってきています。

そんな超小型部品の実装で使用されている技術が『オーバーレジスト』です。

そこで今回は、AW設計を行う上で必須となるオーバーレジストの『仕組み』や『役割』について解説します!

本記事の内容・ オーバーレジストとは
・ オーバーレジストの役割
・ オーバーレジストのメリット
・ まとめ
スポンサードリンク

オーバーレジストとは

はんだ
オーバーレジストとは、ソルダレジスト開口に対して、ランドパターンを大きくする設計手法です。

それに対して、ノーマルレジスト(クリアランスレジスト)とは、ソルダレジスト開口に対して、ランドパターンを小さくする設計手法です。

イメージとしては、次のような仕組みとなっています。

【オーバーレジスト】
オーバーレジスト

【ノーマルレジスト】
ノーマルレジスト

【レジスト設計の違い】

オーバーレジスト:ソルダレジスト開口<ランドパターン

ノーマルレジスト;ソルダレジスト開口>ランドパターン

 
 
『ソルダレジスト』について以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。
 

 
それでは続いて、オーバーレジストの役割について説明していきます。
 

オーバーレジストの役割

ガード
オーバーレジストの役割は、ランドパターンが基材から剥離するのを防止することです。

銅箔であるランドパターンと基材は接合強度が弱いですが、オーバーレジストによってランドパーンをレジストで覆うことにより、接合強度を高められます。

ただし、ランドパーンの面積が大きくなるため、ランドパターンのレイアウト可能領域が小さくなってしまいます。

●●●
もっぷ

配線可能領域が小さくなるデメリットがあるのです。

 

オーバーレジストのメリット

メリット
オーバーレジストのメリットは、以下の通りです。

【オーバーレジストのメリット】

① ランドパターンと基材の接合強度が大きくなる

② ランドパターン開口部が全て均一になる

③ パターン間のレジストが大きくなる

 
『ランドパターンと基材の接合強度が大きくなる』については説明したため、残り2つについて解説していきます。
 

ランドパターン開口部が全て均一になる

ランドパターンは別の個所のパターンと繋がっているため、一部のランドパターン開口部が形が異なってしまいます。

しかし、オーバーレジストの場合、ランドパターン開口部が全て均一になります。

【ノーマルレジスト】
ノーマルレジストのランドパターン

【オーバーレジスト】
オーバーレジストのランドパターン

 

パターン間のレジストが大きくなる

オーバーレジストは、ノーマルレジストの場合よりもソルダレジストを多く添付するため、パターン間のレジストが大きくなります。

その結果、ランドパターン間の絶縁強度が高まります。

●●●
もっぷ

しかし、オーバーレジストはランドパターンを大きくするため、配線可能領域が小さくなるデメリットも忘れてはいけません。

 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

電子回路のAW設計・発注を行う方にとって『オーバーレジスト』は必須の知識です。

オーバーレジストの役割をしっかりと理解した上でAW設計・発注を進めていきましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\クランプ回路など/

電子回路の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク
プリント基板へのはんだ付け
最新情報をチェックしよう!