プリント基板

ソルダレジスト(SR)の「役割」について解説します!

●●●
困っている人

プリント基板を勉強していく中で「ソルダレジスト」というワードをよく耳にする。
どんな役割なんだろう?

こんな疑問を解消します。

電子回路のプリント基板って緑色をしていますよね。

実は、あの緑色部分が『ソルダレジスト』です。

そこで今回は、AW設計を行う上で必須となるソルダレジストの「役割」について解説します!
 

本記事の内容・ ソルダレジストとは
・ ソルダレジストの役割
・ ソルダレジストに求められる性能
・ なぜ緑色なのか
・ まとめ
スポンサードリンク

ソルダレジストとは

ソルダレジストとは
電子回路を実装するプリント基板(PWB : Printed Wiring Board)における『緑色の部分』がソルダレジストです。

『ソルダマスク』や『グリーンマスク』とも呼ばれます。

ソルダレジストは、英語だと『Solder Resist』となり、以下の意味があります。

【solder resistの意味】

solder:はんだ

resist;抵抗

 
 
つまり、直訳すると『はんだ抵抗』です。

それでは、ソルダレジストの具体的な役割について解説していきます。
 

ソルダレジストの役割

ガード
ソルダレジストの主な役割は、以下の3つです。

【ソルダレジストの役割】

1. 部品実装時のはんだブリッジ防止

2. ほこり・熱・湿度からパターンを保護

3. パターン間の絶縁信頼性維持

 
では、それぞれについて説明していきます。
 

部品実装時のはんだブリッジ防止

部品をプリント基板にはんだ付けする際、はんだを介して近隣部品と接続されてしまう(ショートと呼ぶ)ことを防ぎます。

この近隣部品がはんだを介してショートすることを『はんだブリッジ』と言います。
 

ほこり・熱・湿度からパターンを保護する

電子回路は様々な場所に環境で使用されるため、その使用環境の影響で故障しないことが求められます。

例えば、『自動車エンジンを制御する電子回路』は100℃を超えるエンジンルームに搭載されるため、『熱』から回路を保護しなければなりません。

 
ソルダレジストを施すにことにより、『ほこり・熱・湿度』から『部品と部品を導通させる銅箔パターン』を保護することが可能です。
 

パターン間の絶縁信頼性維持

最近では、電子回路のパターン幅が0.075mmというように非常に小さい場合もあります。

そのため、意図しないパターン間でショートしてしまうことも考えられます。

例として、『マイグレーション』という銅箔がイオン化して伸びてしまい、近隣パターンとショートする現象が挙げられます。

●●●
もっぷ

ソルダレジストは、このような意図しないパターン間のショートを防ぐ役割があるのです。

 
その他にも、外部衝撃からの保護などの役割のあります。
 

ソルダレジストに求められる性能

評価
上記で示した役割を果たすため、以下の性能が求められます。

【ソルダレジストに求められる性能】

1. 耐熱性

2. 耐湿性

3. 耐溶剤

4. 基板との密着性

5. 絶縁性

 
以上の性能を満たす『エポキシ樹脂』『特殊アクリレート』などが、ソルダレジストの材質として使用されています。
 

なぜ緑色なのか

緑色
黒や白などの場合もありますが、多くは緑色となっています。

ソルダレジストを緑色にしている理由は、『目に優しい』からです。

●●●
もっぷ

SMT(Surface Mount Technology)はんだ工程においても、最終的には検査員が目視でチェックを行います。

 
そのため、目への負担が小さい緑色が使用されているです。
 

スポンサードリンク
 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

電子回路のAW設計・発注を行う方にとって『ソルダレジスト』は必須の知識です。

ソルダレジストの役割をしっかりと理解した上でAW設計・発注を進めていきましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\クランプ回路など/

電子回路の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク
プリント基板
最新情報をチェックしよう!