バイポーラ駆動とユニポーラ駆動の違い

『バイポーラ駆動』と『ユニポーラ駆動』の違いについて解説します!

●●●
困っている人

「バイポーラ駆動」と「ユニポーラ駆動」では全く別の動作をするらしい。
どう違うんだろう?

こんな疑問を解消します。

バイポーラ駆動は『コイルに流れる電流の方向が変わる』、ユニポーラ駆動は『コイルに流れる電流の方向が変わらない』という違いがあります。

ステッピングモータはこの2つの駆動方法があるので、ステッピングモータを扱うならどちらについても正確に理解しておくべきです。

そこで今回は、『バイポーラ駆動』と『ユニポーラ駆動』の違いについて解説します!
 

本記事の内容・ バイポーラ駆動とは
・ ユニポーラ駆動とは
・ 結線の違い
・ それぞれの特徴
・ まとめ
スポンサードリンク

バイポーラ駆動とは

バイポーラ駆動
ユニポーラ駆動は、『巻線に対して双方向に電流を流す駆動方式』です。

図に示すように、1つの巻線に対して4つのトランジスタを使用して『Hブリッジ回路』を構成します。

●●●
もっぷ

トランジスタの「オン・オフ」を切り替えることにより、巻線に流れる電流の方向も切り替わるのです。

 

ユニポーラ駆動とは

ユニポーラ駆動
バイポーラ駆動は、『巻線に対して一定方向にのみ電流を流す駆動方式』です。

図に示すように、1つの巻線に対して2つのトランジスタを使用した構成となっています。

●●●
もっぷ

トランジスタの「オン・オフ」を切り替えても、巻線に流れる電流の方向は切り替わりませんね。

 

結線の違い

電子回路
バイポーラ結線は「1つの巻線に対して2つの端子」を繋いで電流を流す方式を取ります。

それに対して、ユニポーラ結線は「1つの巻線に対して3つの端子」を繋いで電流を流す方式を取ります。

●●●
もっぷ

ユニポーラ結線は「1つの鉄心に2つの線を巻く」イメージであり、バイポーラ結線に対して巻線量が半分程度です。

 

それぞれの特徴

メリット
それぞれの特徴は、以下となります。

【バイポーラ駆動】

・トランジスタの数が多くなるため、制御も複雑になる

・巻線効率が高いため、高トルクを得ることができる

 

【ユニポーラ駆動】

・トランジスタの数が少なくなるため、制御も簡単になる

・巻線効率が低いため、高トルクを得られにくい

 
用途に合わせて、最適な駆動方式を選択しましょう。
 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

ステッピングモータを扱う上で『バイポーラ駆動』と『ユニポーラ駆動』は必須の知識です。

それぞれの『違い』についてしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\クランプ回路など/

電子回路の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク