ホイールアライメントとは

【初心者向け】ホイールアライメントとは

  • 2020年7月9日
  • 2020年8月4日
  • 自動車
  • 42view
●●●
困っている人

自動車について勉強していく中で「ホイールアライメント」というワードをよく耳にする。
どんな意味なんだろう?

こんな疑問を解消します。

ホイールアライメントとは、『タイヤをメーカー基準の正常状態に調整する』ことを意味します。

自動車工学では必須の知識であるため、ホイールアライメントは必ず覚えておかなければなりません。

そこで今回は、『ホイールアライメント』について解説します!
 

本記事の内容・ ホイールアライメントとは
・ 何を調整するのか
・ キャンバーとは
・ キャスターとは
・ トーとは
・ まとめ
スポンサードリンク

ホイールアライメントとは

タイヤ交換
ホイールは『車輪』、アライメントは『調整されていること』を意味します。

そのため、ホイールアライメントは『車輪を調整すること』という意味になるのです。

●●●
もっぷ

英単語であるalignmentは、『一直線にすること』が原義です。

 

何を調整するのか

自動車整備
ホイールアライメントの対象は、以下3つです。

【ホイールアライメントの対象】
 
キャンバー:クルマを正面から見た際のタイヤの傾き角
 
キャスター:『地面に対して垂直な線』と『操舵回転の中心軸』がなす角
 
トー:クルマを真上から見た際のタイヤの傾き角

 
3つとも角度であり、定期的に調整すべきものです。
 

キャンバーとは

キャンバー角
キャンバーとは、『クルマを正面から見た際のタイヤの傾き角』です。

キャンバー角のメリットとしては、『コーナリング性能アップ』が挙げられます。

●●●
もっぷ

グリップ力が向上するため、高速旋回時にタイヤがまわりやすくなるのです。

 

キャスターとは

キャスター角
キャスターとは、『地面に対して垂直な線とキングピン軸(操舵回転の中心軸)がなす角』です。

【キャスター角の効果】
 
キャスター角が大きい場合:直進安定性が高い
 
キャスター角が小さい場合:小回りしやすい

 

●●●
もっぷ

キャスター角の大きさによって、効果が異なるのです。

 

トーとは

トー角
トーとは、『クルマを真上から見た際のタイヤの傾き角』です。

【トー角の効果】
 
トー角が0より大きい場合:直進安定性が高い
 
トー角が0より小さい場合:ハンドリング性能が高い

 

●●●
もっぷ

トー角のプラスマイナスによって、効果が異なるのです。

 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

自動車エンジニアにとって『ホイールアライメント』は必須の知識です。

ホイールアライメントの『意味』をしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\自動車工学に関する情報/

自動車の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク