MPUセンサの仕組み

【初心者向け】MPUセンサの「仕組み」を解説します!

  • 2020年7月16日
  • 2020年7月16日
  • 自動車
  • 71view
●●●
困っている人

自動車について勉強していく中で「MPUセンサ」というワードをよく耳にする。
どんな仕組みなんだろう?

こんな疑問を解消します。

MPUセンサは、『電磁誘導を利用したセンサ』です。

自動車の『クランク角センサ』や『カム角センサ』に多く使用されているため、自動車エンジニアにとって『MPUセンサ』は必須の知識です。

そこで今回は、MPUセンサの『仕組み』について解説します!
 

本記事の内容・ MPUセンサとは
・ MPUセンサの仕組み
・ クランク角センサ
・ まとめ
スポンサードリンク

MPUセンサとは

N極S極
MPU(Magnetic Pick Up)センサは『電磁誘導を利用したセンサ』です。

主にコイルと磁石で構成されており、電磁誘導によって発生する電圧の変化を利用します。

●●●
もっぷ

中学生の時に習った『フレミング右手の法則』を利用しているのです。

 

MPUセンサの「仕組み」

MPUセンサの仕組み
図に示すように、MPUセンサは『ロータ(回転子)』と『磁石』によって発生する磁束の変化を『コイル』で電圧に変換する仕組みとなっています。

【磁束の変化】
 
ロータの突起部がセンサに近い:磁束が通りやすい
 
ロータの突起部がセンサから遠い:磁束が通りにくい

 
この磁束の変化をコイルで電圧に変換しているのです。

【ロータ位置①】
ロータ位置1
【ロータ位置②】
ロータ位置2
【コイルに発生する電圧】
コイルに発生する電圧
 

クランク角センサ

クランク角センサ
MPUセンサが使用されている1例として、『クランク角センサ』が挙げられます。

クランク角センサは『エンジン回転速度』の算出に利用されており、さらにカム角センサと合わせることで『点火/燃料噴射のタイミング決定』にも一役買っています。

●●●
もっぷ

エンジンのTDC(上死点)位置を判定することもできます。

 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

自動車エンジニアにとって『MPUセンサ』は必須の知識です。

MPUセンサの『仕組み』をしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\自動車工学に関する情報/

自動車の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク