ISCVの仕組みと原理

【初心者向け】ISCVの「役割」や「仕組み」を解説します!

  • 2020年6月11日
  • 2020年7月18日
  • 自動車
  • 277view
●●●
困っている人

自動車について勉強していく中で「ISCV」というワードをよく耳にする。
どんな役割なんだろう?

こんな疑問を解消します。

ISCVは、『アイドル回転数を制御するための部品』です。

最近のクルマにはあまり搭載されていませんが、昔のクルマには搭載されていた部品となります。

そのため、自動車エンジニアにとって『ISCV』は必須の知識です。

そこで今回は、ISCVの『役割』や『仕組み』について解説していきます!
 

本記事の内容・ ISCVとは
・ ISCVの役割
・ ISCVの仕組み
・ ISCVと電子スロットル
・ まとめ
スポンサードリンク

ISCVとは

自動車整備
ISCV(Idle Speed Control Valve)は、『アイドル回転数を制御する弁』です。

アイドル回転数が何か分からない方もいらっしゃると思うので、まずは基礎知識を紹介します。

【基礎知識】
 
アイドリング:信号停止時などにおいて、エンジンを無負荷で稼働させている状態
 
アイドリング回転数:アイドリング時から再び走行するための、必要最低限のエンジン回転数
 
スロットルバルブ:気筒に送り込む空気量を調節するためのバルブ

 

●●●
もっぷ

この基礎知識をしっかり押さえた上で、ISCVの役割について理解していきましょう。

 

ISCVの役割


通常運転時は、スロットルバルブが開いて気筒に空気を送り込み、エンジンの出力を調節しています。

それに対して信号停車時は、スロットルバルブが閉じて気筒に空気が送り込まれません。

しかし、再走行する際に必要なアイドリング回転数を維持するために、ISCVからわずかに空気を送り込むのです。
 

ISCVの仕組み

ISCVの仕組み
図のように、信号停車時は『スロットルバルブ』が閉じています。

しかし、『ISCV』が開いているため、わずかに空気が気筒に送り込まれるのです。

ちなみに、エンジンECUが『規定のアイドリング回転数となるようにISCVの開度を制御』しています。

●●●
もっぷ

『スロットルバルブ』と『ISCV』の2つの経路があると覚えておきましょう。

 

ISCVと電子スロットル

エラー
現在は電子スロットル付きのクルマが普及しているため、メカ式スロットル付きのクルマはほぼありません。

その電子スロットル付きのクルマは、ISCVが搭載されておらず、スロットルバルブがISCVの役割も担っています。

●●●
もっぷ

エンジンECUが電子スロットルバルブを制御してISCVの役割も担っているのです。

 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

自動車エンジニアにとって『ISCV(Idle Speed Control Valve)』は必須の知識です。

ISCVの『役割』や『仕組み』をしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\自動車工学に関する情報/

自動車の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク