CR回路とRC回路の違い

『CR回路』と『RC回路』の違いについて解説します!

●●●
困っている人

「CR回路」と「RC回路」は全く別の動作をするらしい。
どう違うんだろう?

こんな疑問を解消します。

CR回路は『電源・コンデンサ・抵抗』、RC回路は『電源・抵抗・コンデンサ』というように部品は同じですが、順番が異なる構成となります。

しかし、この2つは全く異なる動作をするのです。

そこで今回は、『CR回路』と『RC回路』の違いについて解説します!
 

本記事の内容・ RC回路とは
・ CR回路とは
・ 電流波形の違い
・ 電圧波形の違い
・ まとめ
スポンサードリンク

RC回路とは

RC回路
RC回路とは、『電源・抵抗・コンデンサの順番で直列に構成される回路』です。

電源から見て『抵抗R』、『コンデンサC』という順番で接続されるため、RC回路と呼ばれます。

『RC回路』について以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。
 

 
それでは続いて、CR回路について説明していきます。
 

CR回路とは

CR回路
RC回路とは、『電源・抵抗・コンデンサの順番で直列に構成される回路』です。

電源から見て『コンデンサC』、『抵抗R』という順番で接続されるため、CR回路と呼ばれます。

『CR回路』について以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。
 

 
それでは続いて、電流波形の違いについて説明していきます。
 

電流波形の違い

電流
『CR回路』と『RC回路』においては、電流波形に違いはありません。

両方ともコンデンサが直列に実装されるため、コンデンサの『交流成分だけ電流を通す性質』により、電圧が変化した『0V → 5V』『5V → 0V』の際だけ電流が流れているのです。

それぞれの電流波形は、次のようになります。
 
【CR回路】
CR回路の電流波形
 
 
【RC回路】
RC回路の電流波形

●●●
もっぷ

両方とも一瞬だけ電流が流れるんですね。

 

電圧波形の違い

波形測定
『CR回路』と『RC回路』においては、電流波形は全く異なります。

『CR回路』の場合、電流波形と同じ波形です。

『RC回路』の場合、立ち上がりと立下りが遅れる波形です。

それぞれの電圧波形は、次のようになっています。
 
【CR回路】
CR回路の電圧波形
 
 
【RC回路】
RC回路の電圧波形
 
ちなみに、CR回路は『高周波数成分のみを通すハイパスフィルタ』、RC回路は『低周波数成分のみを通すローパスフィルタ』として使用されます。
 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

電子回路を設計する上で『CR回路』と『RC回路』は必須の知識です。

それぞれの『違い』についてしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\クランプ回路など/

電子回路の記事≫

トップへ戻る☝

人気記事 【CR回路の原理】電流波形や電圧波形について解説します!

スポンサードリンク