工場実習中の給料

【メーカー新入社員】『工場実習中の給料』を公開します!

●●●
困っている人

工場実習って大変だけど、給料は沢山貰えるらしい…
実際にはどれくらい貰えるの?

こんな疑問を解消します。

私は大学院を修了し、今年の4月から「大手自動車部品メーカー」で働いています。

 

現在、メーカーに就職した新入社員が必ず経験する『工場実習』が始まってから3ヶ月目に突入したところです。

そして先月ついに、1ヶ月工場で働いた分の給料が振り込まれました。

 

そこで今回は、
大手自動車部品メーカーの『工場実習』で給料がいくら貰えたかを発表しちゃいます!
 

本記事の内容・ 1ヶ月工場で働いた分の給与明細
・ 深夜作業手当
・ 交替勤務手当
・ 残業代の算出方法
・ 工場実習中の給与明細を見た感想

1ヶ月工場で働いた分の給料明細


それでは早速、給料明細を発表しちゃいます!

支給金明細
基本給 230,000円
残業代(29.25時間) 54,900円
深夜作業手当(24時間) 10,400円
交代勤務手当(4日) 18,300円
合計 313,600円
控除金明細
雇用保険料 1,000円
健康保険料 9,600円
 厚生年金保険料 27,500円
 所得税  7,600円
住民税 0円
組合関係費 4,100円
合計 49,800円
差引支給額
差引支給額 263,800円

 
支給金合計313,600円に対して、控除金合計49,800円となりました。

●●●
もっぷ

1年目の給料にしてはかなり高いかも!

 
それでは、「深夜時間手当」などの仕組みについて解説していきます。
 

深夜作業手当は、22時~5時に働いた分しか貰えない

給料明細には、「残業29.25時間・夜勤4日間・深夜扱い24時間」の計算となっています。

どういう計算なのか解説していきます。
 

●●●
困っている人

あれ、夜勤は「20時~6時」の10時間で4日間働いたから、深夜扱い40時間のはずでは…

●●●
もっぷ

「深夜作業手当」は、22時~5時に働いた分しか貰えません。
しかも、休憩時間分は控除されてしまいます。

 
なんか卑怯に感じますね。

夜勤時間全て深夜扱いにしてくれても良いのに…

ちなみに、「17時~2時」までの夜勤をする部署もあります。
 
この場合、「22時~24時」と「1時~2時」の3時間分しか「深夜作業手当」が付きません。

 

せっかく夜勤をするのなら、「深夜作業手当」がしっかり付く20時~5時で働きたいですね。

●●●
もっぷ

配属された部署次第なので完全に運ですが…

 

ちなみに、「深夜作業手当」は1時間当たり430円程でした。
 

交替勤務手当は、夜勤が2週間連続でも付く

『交替勤務手当』は名前に「交替」とあるため、新入社員がよく勘違いする点があります。

「夜勤を1週間 → 夜勤を1週間 → 昼勤を1週間」の場合は、1週間分しか手当が付かないのではないか、という勘違いです。

 

しかし、それは間違いであり、夜勤をした日数×「交替勤務手当」が付きます。

●●●
もっぷ

そのため、「夜勤を1週間 → 夜勤を1週間 → 昼勤を1週間」の場合でも、10日分の『交替勤務手当』が付きます。

 

もし『夜勤を1週間 → 夜勤を1週間 → 昼勤を1週間』と言われてもきちんと手当が付くため、そこは心配ありません。

 
ちなみに、「交替勤務手当」は1日当たり4,500円程でした。

これによって給料が一気に増えていきます。
 

残業代は、「基礎となる賃金×1.25%以上(割増率)×残業時間」で決まる

工場実習で忙しい部署に配属された場合、残業時間は40時間を超えます。
 

●●●
困っている人

先月はかなり残業したから給料が楽しみ!
けど、残業代はどうやって計算されるのか分からない…

●●●
もっぷ

残業代は、「基礎となる賃金×1.25%以上(割増率)×残業時間」で計算されますよ。
基礎となる賃金などについて少し詳しく解説します。

 
「基礎となる賃金」は『基本給+手当』で算出されます。

ただし、以下のような手当は除きます。

【基礎となる賃金に含まれない手当】

・家族手当

・通勤手当

・住宅手当

・臨時に支払われた賃金(ボーナス等)

 

残業代を実際に計算してみる

イメージしやすいように、次のような場合の残業代を計算してみます。

・基本給:23万円

・手当:0円

・所定労働日:20日

・ 所定労働時間:8時間

・残業時間:30時間

・割増率:1.25

 
まず、残業時の時給を計算します。

(23万円+0円)÷20日÷8時間=1,437.5円
 

そして、この時給に残業時間をかけます。

1,438円×30時間×1.25=53,906円

 

残業代は以上のように計算されます。
 

「早出勤務」も残業扱いとなる

「早出勤務」とは、始業時刻よりも早く出勤して仕事を開始することです。

例として、始業時刻9:00の企業を考えます。

8:00に「早出勤務」すると1時間余分に仕事をすることになりますよね。

この1時間は、定時後の残業時間と同じ扱いになるのです。

 

工場実習中の給料明細を見た感想


 
思ったよりも給料が少ないというのが率直な感想です。

この記事を読んだ方の中には、1年目で月給30万円を超えるなんて凄いと思った方もいるかもしれません。

しかし、それ以上に工場実習が辛かったため、「労働に対して給料が見合ってない」と私は思いました。

 
工場実習の内容や感想については下記の記事で紹介しているので、是非ご覧ください。

理系大学院卒の自己投資日記

メーカー新入社員である私自身が経験した『工場実習で学んだことや感想』について紹介します!「メーカーに就職すると工場実習が…

 

最後に

工場実習を経験することで、『品質管理の難しさ』や『モノづくりは一人では不可能であること』を実感することができます。

工場実習中は辛いかもしれませんが、今後の成長に活かせると思って頑張ってください。

この記事が、工場実習に行かれる方々に少しでも役立つことを願っています。
 

スポンサードリンク