回路設計エンジニア転職は難しい

【回路設計エンジニア】転職は難しい?成功させる方法を紹介します!

●●●
困っている人

回路設計エンジニアの転職って難しいの?
これから転職活動を始めるから、不安だ。

こんな疑問を解消します。

結論から言うと『回路設計エンジニアの転職は難しくない』です。

ただし、転職を難しくする要因は存在するため、それらを把握して対策する必要があります。

 
そこで今回は、『回路設計エンジニアの転職を難しくする要因と成功させる方法』について解説していきます。
 

本記事の内容・ 転職を難しくする要因 6つ
・ 転職を成功させる方法 4つ
・まとめ

回路設計エンジニア転職を難しくする要因

悩む

回路設計エンジニア転職を難しくする要因として、下記6つが挙げられます。

回路設計エンジニア転職を難しくする要因

1.  回路設計の経験不足

2.  年齢の高さ

3.  景気が悪い

4.  技術のミスマッチ

5.  コミュニケーション能力の低さ

6.  好条件の求人を自力で見つけにくい

 

●●●
もっぷ

1つずつ丁寧に解説していきます。

 

1.  回路設計の経験不足

電子工作
求人要項には、下記のように実務経験が応募条件として記載されています。

応募条件の例

■回路設計のご経験(デジタル・アナログ不問):3年以上

 
回路設計には多くの技術・知識が必要であるため、『経験年数を重要視している企業が多い』のです。

そのため、未経験あるいは経験年数が少ない方は、応募できる企業が限られてしまいます。

 
しかし、年収等の労働条件を妥協できるなら『未経験OKの求人も多数ある』ので問題ありません。

●●●
もっぷ

まずはエンジニア派遣企業で回路設計スキルを磨き、その後に大企業へと転職していく方も多いです。

関連記事 回路設計エンジニアへの転職は未経験でも可能か解説します!
 

2.  年齢の高さ

エンジニア
特に未経験者は、年齢が高いほど転職難易度も高いです。

理由としては、下記3つが挙げられます。

年齢が高いと転職難易度も高くなる理由

1.  新しい技術を取得しにくい

2.  年下同僚との良好な関係構築が難しい

3.  希望年収が高くなる

 
まず、『年齢が上がるほど新しいことを覚えにくくなる』ことはイメージしやすいでしょう。

回路設計者は幅広い知識を学ぶ必要があるため、若いほうが有利なのです。

 
また、年齢が高いとプライドも出てくるため、自分より若い技術者に教えてもらうのは大変です。

●●●
もっぷ

当然、教える側としても年上には気を使ってしまいます。

 
さらに、日本は年功序列であるため、『高年齢の未経験者は提示された年収に満足できない』ことがほとんどです。
 

3.  景気が悪い

不景気
回路設計エンジニアに限らず、景気が悪いと企業の求人数が少なくなります。

経営が難しくなると人件費なども削る必要があるため、現状の人員で何とかしようとするのです。

 
また、『不景気での求人は倍率が高くなる』ため、優秀な人材以外は転職することが難しくなります。

●●●
もっぷ

近年では、新型コロナウイルスによる不景気で求人数が減少しましたね。

 

4.  技術のミスマッチ

面談
『同じ回路設計エンジニアと言っても、各々が身に着けてきた技術領域は異なるはず』です。

例えばアナログ回路とデジタル回路では、必要スキルは全く異なりますよね。

 
つまり、以下のようなミスマッチが発生することがあるのです。

技術のミスマッチ例

企業:アナログ回路設計エンジニアを必要としている

求職者:デジタル回路設計エンジニア

 
このような場合には、縁がなかったとして諦めるしかありません。

●●●
もっぷ

高年収の求人ほど、企業の求める技術領域が狭いです。

 

5.  コミュニケーション能力の低さ

ミーティング
『モノづくりは多くの人間と協力して進める』ため、回路設計エンジニアも関係者とコミュニケーションを取ることが求められます。

しかし、理系出身者全体に言えますが、回路設計エンジニアは大人しい性格の方が多いです。

 
そのため、転職面接で『コミュニケーション能力不足を原因として不採用にされてしまう』ケースがあります。

●●●
もっぷ

事前に面接対策を行い、コミュニケーション能力のアピールができるようにしておかなければなりません。

 

6.  好条件の求人を自力で見つけにくい

キーボード
自力で求人を探す場合、求人サイトを回遊して1つずつチェックしなければなりません。

しかし、時間がかかってしまうので非効率的です。

 
それに対して、転職サイトを利用すれば、エージェントが自分の希望条件にマッチする求人を探してくれます。

●●●
もっぷ

働きながらでも好条件の求人を見つけることが可能です。

 

回路設計エンジニア転職を成功させる方法

案内・説明
回路設計エンジニア転職を成功させる方法として、下記4つが挙げられます。

回路設計エンジニア転職を成功させる方法

1.  少しでも早く動き出す

2.  スキルの棚卸しをする

3.  回路設計に役立つ資格を勉強する

4.  転職サイトを活用する

 

●●●
もっぷ

1つずつ丁寧に解説していきます。

 

1.  少しでも早く動き出す

スマホを見るビジネスマン
回路設計エンジニア転職を難しくする要因として、『年齢が高いほど転職難易度も高くなる』ことを先に説明しました。

裏を返すと、年齢が低いほど転職しやすいことになります。

 
そのため、できるだけ早く転職活動を始めなければなりません。

●●●
もっぷ

30代前半までならば、未経験でも採用してくれる企業は多いです。

 

2.  スキルの棚卸しをする

デジタル空間
経験者であれば、『自分にどんなスキルがあるか整理する』ことをオススメします。

これまでにどんな業務をやってきたか振り返ることで、客観的にスキルの棚卸しが可能です。

 
事前にスキルを把握しておくことにより、『面接でスムーズに自己アピールできる』のです。

●●●
もっぷ

事前準備で面接の出来は決まると言っても過言ではありません。

 

3.  回路設計に役立つ資格を勉強する

読書
未経験者の場合、転職活動と並行して資格の勉強をすると良いでしょう。

面接時に、勉強していることを具体的に説明できるため、アピールする材料となります。

 
『新しい技術を学ぶ姿勢があるか』という視点でチェックされているため、重要です。

●●●
もっぷ

回路設計関連の資格については、下記で紹介しているので是非ご覧ください。

関連記事 【2022年最新版】電子回路設計者にオススメの資格 6選を紹介します!
 

4.  転職サイトを活用する

IT・テクノロジー
転職サイトに登録すれば、『ネットに出ていない非公開求人』を紹介してもらえます。

非公開求人とは、年収・労働条件が良いため、応募が殺到することを防ぐために非公開とされている求人です。

 
また、転職サイトに登録すれば『応募書類添削・面接対策を手伝ってくれるサービス』も受けられます。

●●●
もっぷ

オススメの転職サイトについて下記にて紹介しているため、是非ご覧ください。

関連記事 【回路設計エンジニア必見】おすすめ転職サイト5選を紹介します!
 

回路設計エンジニアの転職を難しくする要因と成功させる方法まとめ

まとめ
いかがでしょうか。

働きながらの転職活動は忙しいため、思うように進められないこともあります。

今回紹介した内容を踏まえて行動すれば、『スタートダッシュが上手くいき、順調に転職活動を進めることが可能』です。

この記事が、皆さんのお役に立つことを願っています。