理系大学生にオススメの本

【2022年最新版】理系大学生にオススメの本 12選 を紹介します!

●●●
困っている人

大学では専門科目ばかり勉強している。
専門外の内容で、視野が広がる本が知りたい。

こんな要望に答えます。

理系大学生の中には、『視野が広がるような専門外の本が知りたい』という方も多いですよね。

今回紹介する本を読めば、今後の人生に役立つ『教養・知識』が身に付きます。

 
 
そこで今回は、『私自身が早く読むべきだったと感じた12冊』を紹介していきます。
 

本記事の内容・理科系の作文技術
・影響力の武器
・金持ち父さん 貧乏父さん
・20代にしておきたい17のこと
・20歳の自分に受けさせたい文章講義
・嫌われる勇気
・道をひらく
・7つの習慣
・本当の自由を手に入れるお金の大学
・LIFE SHIFT
・学びを結果に変えるアウトプット大全
・コンサル一年目が学ぶこと
・まとめ

理科系の作文技術


文系・理系関係なく、『レポートなどのライティング技術が向上する』本です。

『元学習院大学学長の木下是雄氏』によって書かれた本であり、この本を読めば『ライティングの基本』を学ぶことができます。

【本の内容】

1.序章

2.準備作業

3.文章の組立て

4.パラグラフ

5.文の構造と文章の流れ

6.はっきり言い切る姿勢

7.事実と意見

8.わかりやすく簡潔な表現

9.執筆メモ

10.手紙・説明書・原著論文

11.学会講演の要領

 
 
『句読点の打ち方』や『事実を述べる方法』など、正確な文章を構築するために不可欠な技術が身に付きます。

『人に伝わる文章≠正しい文章』を理解できるようになれば、一生の財産になるでしょう。

●●●
もっぷ

『就職してからも役立つ知識』ばかりであるため、ぜひ読んでみて下さい。

 

影響力の武器


『人間心理の原理原則』 を内容とする『ロングセラー心理学書』です。

『人は何故動かされてしまうのか』、その仕組みや防衛法などが書かれています。

【本の内容】

第1章 影響力の武器

第2章 返報性―昔からある「ギブ・アンド・テイク」だが

第3章 コミットメントと一貫性―心に住む小鬼

第4章 社会的証明―真実は私たちに

第5章 好意―優しさうな顔をした泥棒

第6章 権威―導かれる服従

第7章 希少性―わずかなものについての法則

第8章 手っとり早い影響力―自動化された時代の原始的な承諾

 
 
この本を読めば、セールスマンなどの『承諾誘導のプロ』がどのようなテクニックを使用しているか 分かるようになります。

情報で溢れている現代社会の中で、『騙されないための防衛法』を学びましょう。

●●●
もっぷ

実生活で役立つ『知識・テクニック』が身につくため、ぜひ読んでみて下さい。

 

金持ち父さん 貧乏父さん


『お金の哲学』を学べる『王道の書籍』 です。

日本人の多くが、お金を稼ぐためには『真面目に勉強して大企業に入ることが正しい』と思っています。

しかし、『時間を切り売りするサラリーマン』では、本物のお金持ちになることは不可能です。

 
 
この本を読めば、『時間を切り売りするサラリーマン』を脱却して『金持ち父さん』になるための『お金に関する哲学』を学ぶことができます。

【本の内容】

▪️教えの書

金持ち父さん、貧乏父さん-ロバート・キヨサキが語ったこと

金持ち父さんの六つの教え

金持ちはお金のためには働かない

お金の流れの読み方を学ぶ

 

▪️実践の書

まず五つの障害を乗り越えよう

スタートを切るための十のステップ

具体的な行動を始めるためのヒント

 

▪️エピローグ

たった七千ドルで四人の子供を大学に行かせた男の話

 

●●●
もっぷ

『お金のバイブル』と言われる1冊であるため、ぜひ早めに読んでみて下さい。

 

20代にしておきたい17のこと


著者が『30代より上のあらゆる世代の人に「20代にやっておいたらよかった」と思うことをインタビューして得た結果』をまとめた1冊です。

自分自身の人生と照らし合わせ、『今後の生き方を考えるきっかけ』にしてみて下さい。

【17のリスト】

人生最大の失敗をする

大好きなことを見つける

一流のものに触れる

人生を100パーセント楽しむ

死ぬほどの恋をする

一生付き合える親友を見つける

両親と和解する

自分のルーツを知る

才能のかたちを知る

専門分野を持つ

メンターを探す

人生が変わる本と出会う

質問力を鍛える

お金と時間の管理を学ぶ

没頭できる趣味を持つ

異文化に触れる旅に出る

運について学ぶ

 
 
『17のリスト』について解説した後の、締めの言葉「幸せは自分で決める」が非常に印象に残っています。

私自身、この本を読んで『一瞬で過ぎてしまう20代のかけがえない時間を大切にして、何にでも挑戦しよう』と思えました。

●●●
もっぷ

『毎日を漠然と過ごしている人』『やりたいことが分からない人』にオススメの1冊です。

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義


「話せるのに書けない」を解消するための1冊です。

自分の「考え」や「意見」を言葉では表現できるが、文章だと上手く表現できない。

 
 
多くの人に、このような経験があると思います。

この本を読めば、自分の「考え」や「意見」を文章でも上手く表現することができるようになります。

【本の内容】

はじめに 「話せるのに書けない!」のはなぜか?

ガイダンス その気持ちを「翻訳」しよう

第1講 文章は「リズム」で決まる

第2講 構成は「眼」で考える

第3講 読者の「椅子」に座る

第4講 原稿に「ハサミ」を入れる

 
 
著者は『文章を書くな、翻訳しろ』と本文で述べています。

この本を最後まで読んだ後、その意味がはっきり分かるでしょう。

●●●
もっぷ

社会人になってからも『文章で表現する』という機会は非常に多いです。
大学生のうちに、この本で『文章で表現する方法』を学びましょう。

 

嫌われる勇気


「人生に悩んだ時、何のために生きているのか考える指針となる」1冊です。

ストレスで溢れている現代社会の中で、『どのように生きれば幸福で豊かになれるか』追求していく内容となっています。

【本の内容】

第1夜 トラウマを否定せよ

第2夜 すべての悩みは対人関係

第3夜 他者の課題を切り捨てる

第4夜 世界の中心はどこにあるか

 
 
私自身、この本を読んだ後には『承認欲求』をできるだけ捨てようと思いました。

現代人は『他人からの目』を過度に気にしており、気付かないうちに『他人の人生を生きている』と感じたためです。

●●●
もっぷ

今後どのように生きていけば、幸せになれるか気づける1冊です。

 

道をひらく

パナソニック創業者「松下幸之助」が大切にしてきた物事の考え方をまとめた短編随想集で、累計400万部のロングセラーです。

『生きていく上で指針にすべき言葉』が詰まっており、『困った時の道しるべ』になります。

【本の内容】

運命を切りひらくために

日々を新鮮な心で迎えるために

ともによりよく生きるために

みずから決断を下すときに

困難にぶつかったときに

自信を失ったときに

仕事をより向上させるために

事業をよりよく伸ばすために

自主独立の信念をもつために

生きがいある人生のために

国の道をひらくために

 
 
昭和の考え方であるため、現代とは合わない部分もあるかもしれません。

しかし、人間としてあるべき不変の心構えは変わらないのだと感じました。

●●●
もっぷ

『自分の人生を見つめ直すきっかけ』となる1冊であるため、ぜひ読んでみて下さい。

 

7つの習慣

『人生を成功に導く為の7つの原則』をまとめたビジネス書で、全世界で4,000万部越えのベストセラーとなっています。

よくあるビジネス書に記載されている表面的なテクニックではなく、『世界中で通用する成功への原理原則』を解説しています。

【7つの原則】

第一の習慣:主体的である

第二の習慣:終わりを思い描くことから始める

第三の習慣:最優先事項を優先する

第四の習慣:Win-Winを考える

第五の習慣:まず理解に徹し、そして理解される

第六の習慣:シナジーを創り出す

第七の習慣:刃を砥ぐ

 
 
真の成功は『優れた人格形成』が必要であり、『優れた人格形成』には『日々の習慣』が必要である と著者は説いています。

●●●
もっぷ

ビジネスマンだけでなく、老若男女全ての人におすすめの1冊です。

 

本当の自由を手に入れるお金の大学


『お金に困らない生活を送るために必要な5つの力』を解説した本です。

YouTube登録者数36万人を超えるお金の教養チャンネル『両学長リベラルアーツ大学』を運営している両学長が出版しています。

【本の内容】

STEP0 経済的に自由になるための基本―お金持ちの大原則

STEP1 “貯める”―支出を減らして貯蓄を増やそう(通信費;光熱費;保険 ほか)

STEP2 “稼ぐ”―稼ぎを増やして蓄財ペースを上げよう(転職;副業)

STEP3 “増やす”―貯蓄を投資にまわして資産運用しよう(準備編;株式投資;不動産投資)

STEP4 “守る”―形成した資産を守ろう

STEP5 “使う”―人生を豊かにすることに使おう

 
 
『自分が思い描く生き方』を実現するためには、どのようにお金と向き合っていくべきか『改めて考えるきっかけ』となるでしょう。

また、全ページが図やイラストで構成されているため、スッと頭に入ってくる点も非常に良いです。

●●●
もっぷ

『お金のバイブル』とも言われる1冊であるため、ぜひ早めに読んでみて下さい。

 

LIFE SHIFT


『人生100年時代にどう生きるか』考えるきっかけになる1冊です。

この本を簡単に要約すると、以下の内容となります。

【本の要約】

人生100年時代が目前となり、今までのライフステージの考え方は破綻し、複雑なマルチステージ化していく。
 
そのため、『自分の理想とするライフスタイル』を実現するために必要な資金を確保するには、お金などの『有形資産』だけでなく、人脈やスキルなどの『無形資産』へも投資が必須となる。

 
 
私自身、大企業所属でも安泰でなくなることは耳にしていましたが、その時代が目前であることをしっかりと認識できていませんでした。

しかし、この本と出会って『自分に再投資し続ける必要がある』ことを深く認識し、本業以外の活動も始めたのです。

【本の内容】

序 章 100年ライフ

第1章 長い生涯――長寿という贈り物

第2章 過去の資金計画――教育・仕事・引退モデルの崩壊

第3章 雇用の未来――機械化・AI後の働き方

第4章 見えない「資産」――お金に換算できないもの

第5章 新しいシナリオ――可能性を広げる

第6章 新しいステージ――選択肢の多様化

第7章 新しいお金の考え方――必要な資金をどう得るか

第8章 新しい時間の使い方――自分のリ・クリエーションへ

第9章 未来の人間関係――私生活はこう変わる

終 章 変革への課題

 

●●●
もっぷ

2017年のビジネス書ランキング1位となった本であるため、ぜひ1度読んでみて下さい。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全


『アウトプットの方法・効果・法則』をまとめた1冊です。

・本などでインプットは行っているが、アウトプットは出来ていない。
・インプットばかりで身になっていない気がする。

 
 
多くの人は、このような状態だと思います。

この本を読めば、仕事や勉強をアウトプット中心に切り替え、自分自身の自己成長を加速させることができます。

【本の内容】

CHAPTER1 アウトプットの基本法則 〜RULES〜

CHAPTER2 科学に裏付けられた、伝わる話し方 〜TALK〜

CHAPTER3 能力を最大限に引き出す書き方 〜WRITE〜

CHAPTER4 圧倒的に結果を出す人の行動力 〜DO〜

CHAPTER5 TRAINING〜アウトプット力を高める7つのトレーニング法〜

 
 
『知っていることと、できることは違う』と本書を読んで改めて思いました。

『アウトプットなしに自己成長はありえない』のです。

●●●
もっぷ

ビジネスで『アウトプットは必須スキル』となります。
大学生のうちに、この本で『アウトプットの方法・効果・法則』を学びましょう。

 

コンサル一年目が学ぶこと


『業界や職種問わず、社会人なら何年目でも必要なスキル』をまとめた1冊です。

『外資系コンサル出身者が必ず身に付ける基本スキル30個』が分かりやすく解説されています。

【本の内容】

第1章 コンサル流話す技術

 結論から話す

 Talk Straight 端的に話す

 数字というロジックで語る

 感情より論理を優先させる

 相手に理解してもらえるように話す

 相手のフォーマットに合わせる

 相手の期待値を把握する

 上司の期待値を超える
 
第2章 コンサル流思考術

 「考え方を考える」という考え方

 ロジックツリーを使いこなす

 雲雨傘 提案の基本

 仮説思考

 常に自分の意見をもって情報にあたる

 本質を追及する思考
 
第3章 コンサル流デスクワーク術

 文書作成の基本、議事録書きをマスターする

 最強パワポ資料作成術

 エクセル、パワーポイントは、作成スピードが勝負

 最終成果物から逆算して、作業プランをつくる

 コンサル流検索式読書術

 仕事の速さを2倍速3倍速にする重点思考

 プロジェクト管理ツール、課題管理表
 
第4章 プロフェッショナル・ビジネスマインド

 ヴァリューを出す

 喋らないなら会議に出るな

 「時間はお金」と認識する

 スピードと質を両立する

 コミットメント力を学ぶ

 師匠を見つける

 フォロワーシップを発揮する

 プロフェッショナルのチームワーク

 
 
私自身、この本を読んだ後には『ビジネスの基本=相手の期待を超えること』であり、そのためには『相手の仕事の期待値を確認すること』が大切であると再認識しました。

基本的なことだけど、改めて気付かされた点が多かったです。

●●●
もっぷ

例が多いため、『ロジックツリー』や『雲雨傘提案』なども理解しやすかったです。

 

大学生にオススメの本まとめ

まとめ
今回は、『理系大学生にオススメの12冊』をご紹介しました。
 

 
いかがでしたでしょうか。

若いうちには、学ぶ時間がたくさんあります。

今回紹介した本を読めば、『今後の人生で役立つ教養・知識』が身に付きます。

気になった本を1冊でも良いので読んで頂き、皆さんのお役に立つことを願っています。

\大学生活に役立つ情報/

大学生の記事≫

人気記事 【新入社員が感じた】大学生の時にやるべきことを紹介します!
 
人気記事 【理系大学生必見】TOEICが就活で有利になった実体験を紹介します!

スポンサードリンク