JAL CLUB ESTのメリット

【2021年最新版】JAL CLUB ESTのメリットを紹介します!

●●●
困っている人

『JAL CLUB EST』が20代に人気のカードらしい。
どんなメリットがあるの?

こんな疑問を解消します。

私自身、大学院を卒業してから合計2年間『JAL CLUB EST』を使用しています。

●●●
もっぷ

その結果、『JAL CLUB EST』のメリットを知ることができました。

 
そこで今回は、『JAL CLUB ESTを実際に使用してきて感じたメリット』を紹介していきます。
 

本記事の内容・ JAL CLUB ESTとは
・ JAL CLUB ESTのメリット
     ① ラウンジ利用可能
     ② マイル有効期限の延長
     ③ 毎年2,500マイルの付与
     ④ ビジネスチェックインカウンター
     ⑤ 100マイル単位でeJALポイント交換
     ⑥ 搭乗ボーナス&FLY ONポイント
     ⑦ マイル還元率が0.5%→1.0%に
・ まとめ
スポンサードリンク

JAL CLUB ESTとは


JAL CLUB ESTは、20代のみ申込み可能な『JALのオプション付きクレジットカード』です。

通常のJALカードに対して、年会費を追加で5,500円(税込)払うことで様々な特典が付きます。

●●●
もっぷ

20代で年1回でも飛行機に搭乗するなら、必ず作るべきカードです。

 
※学生の場合は、年会費無料のJALカードnaviの方がお得となります。
 
関連記事 【2021年最新版】JALカードnaviのメリット・デメリットを解説します!
 

JAL CLUB ESTのメリット

オッケー
『JAL CLUB EST』のメリットは、以下の7つです。

JAL CLUB ESTのメリット

1.年間5回、国内17空港にあるサクララウンジを利用可能(国内線のみ)

2.通常3年のマイル有効期限が5年に

3.毎年2,500マイルの付与

4.ビジネスチェックインカウンターが利用可能(国際線のみ)

5.100マイル単位でeJALポイントに交換可能

6.搭乗ボーナスマイルとFLY ONポイントの優遇

7.マイル還元率が0.5%→1.0%に

 
では、1つずつ説明していきます。
 

 1.年間5回、国内17空港にあるサクララウンジを利用可能(国内線のみ)


JALの国内線を利用する際、選ばれたVIPや国内線ファーストクラスに搭乗する人しか入れない『サクララウンジ』で待ち時間を優雅に過ごすことができます。

一般的には、空港での待ち時間は空港ロビーで過ごしますよね。

しかし、長期連休等では空港自体が混雑しており、空いている席を探すのだって苦労します。

 

●●●
もっぷ

しかし、JAL CLUB ESTカードの会員なら『サクララウンジ』でゆったりしたソファーでフリードリンクを飲みながら優雅に待ち時間を過ごせるのです。

 
また、同伴者1名も無料で入ることができるため、彼氏や彼女と旅行する際にも重宝します。
 

 2.通常3年のマイル有効期限が5年に


JALマイルの有効期限は、JAL普通カードを保有していても通常3年(36ヶ月)です。

しかし、『JAL CLUB EST』を保有していれば有効期限が5年(60ヶ月)に延長されます。

●●●
もっぷ

有効期限が伸びることによって、貯まるマイルも多くなりますよね。

 
そうなれば使用できるマイルも増え、エコノミークラスだけでなく、ビジネスクラスやファーストクラスの選択肢も出てきます。

マイルの価値はエコノミークラスよりもビジネス&ファーストクラスの方が高いです。

そのため、できるだけ貯めてビジネス&ファーストクラスに利用することをオススメします。

 

●●●
もっぷ

マイルを大量に貯めてビジネスクラスやファーストクラスを目指しましょう!

 

 3.毎年2,500マイルの付与

飛行機
毎年2,500マイルが付与されます。

マイルの価値は『2.5円~6.0円』となるため、『2,500 × 2.5 = 6,250円』以上です。

●●●
もっぷ

これだけでも年会費の元が取れちゃいます

 

 4.ビジネスチェックインカウンターが利用可能(国際線のみ)


JALの国際線を利用する際は、エコノミークラスで予約していてもビジネスチェックインカウンターが利用可能になります。

エコノミークラスのチェックインカウンターは普段から混んでいますが、GWや正月などの繫忙期にはさらに凄まじい混雑となります。

●●●
もっぷ

しかし、『JAL CLUB ESTカード』を保有していればビジネスチェックインカウンターを利用することができ、待ち時間もなくスムーズに手続きをすることができます。

 

 5.100マイル単位でeJALポイントに交換可能


マイルは航空券の購入や燃料サーチャージの支払いなどに使用できるeJALポイントに交換することができます。

マイルの有効期限が切れそうな時、この制度を利用することが多いです。

注意点として、eJALポイントにも有効期限があり、『特典交換を行った日の1年後の同月末まで』となっています。

 
 
ただし、マイルはeJALポイントに交換することができ、有効期限内に別途マイルをeJALポイントに交換すると、既存のeJALポイントもあわせて期限が更新可能です。
 

しかし、通常は5,000マイル=5,000ポイント、10,000マイル=15,000ポイントと決められているため、最低でも5,000マイル貯めなければ交換できません。

 

●●●
もっぷ

それに対して、『JAL CLUB EST』保有者は、100マイル単位でeJALポイントに交換可能になります。

 
そのため、有効期限が切れそうな場合は、100マイルだけeJALポイントに交換して有効期限を延ばせます。
 

 6.搭乗ボーナスマイルとFLY ONポイントの優遇

売上アップ
両方とも聞きなれないワードだと思うので、1つずつ丁寧に説明していきます。

●●●
もっぷ

特に、搭乗ボーナスはありがたいメリットであるため、是非しっかり読んでみて下さい。

 

①搭乗ボーナス

『JAL CLUB EST』保有者は、JALの飛行機に搭乗した際にボーナスマイルが加算されます。

年に一回でも搭乗すれば1,000マイル加算されるため、eJALポイント5,000円分と合わせれば年会費5,000円分以上が返ってくることになるのです。

搭乗ボーナスの種類と内容は以下のようになっています。

搭乗ボーナス ボーナス積算のタイミング ボーナスマイル数
入会搭乗ボーナス 入会後、初めての搭乗時 +2,500マイル
毎年初回搭乗ボーナス 入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時 +1,000マイル
搭乗ごとのボーナス 毎回の搭乗時 +フライトマイルの5%

 

●●●
もっぷ

航空券をマイルで購入する場合、マイルの価値は『2.5円~6.0円』程であるため、これだけでも2,500円以上の価値があります。

 

②FLY ONポイント

毎年最初の搭乗時に+2,000ポイントが加算されます。

FLY ONポイントはJALが加盟しているワールドアライアンスというグループの会員ランクを決める際に必要とされるポイントです。

●●●
もっぷ

FLY ONポイントが多いほど上級の会員となり、サービスが優遇されていく仕組みとなっています。

 

 7.マイル還元率が0.5%→1.0%に

アップ
通常のJALカードはマイルの還元率が0.5%ですが、ショッピングマイル・プレミアムというオプション(年会費3,240円)を付けることによって還元率が1.0%になります。

しかし、『JAL CLUB ESTカード』保有者は、ショッピングマイル・プレミアムが無料となります。

●●●
もっぷ

そのため、いつどこでクレジットカードを使用しても100円で1マイル貯まるのです。

 
さらに、イオン・ENEOS・ファミリーマートなどの『JALカード特約店』ならマイルが2倍貯まるため、100円で2マイル貯まります。
 

JAL CLUB ESTのメリットまとめ

まとめ
以上をまとめさせて頂きます。

まとめ

・『JALCLUB EST』は20代のみ申込み可能なJALのオプション付きクレジットカードであり、通常のJALカードに対して、年会費を追加で5,000円払うことで様々な特典が付く。

・年間5回、国内17空港にある選ばれたVIPや国内線ファーストクラスに搭乗する人しか入れない『サクララウンジ』を利用できる(国内線のみで同伴者1名まで無料)。また、国際線利用時はビジネスチェックインカウンターも利用可能となる。

・航空券購入や燃料サーチャージ支払いなどに使用可能な『eJALポイント5,000円分』が毎年付与され、さらにJALの飛行機に搭乗した際にボーナスマイルも加算されるため、年会費5,000円以上の価値がある。

 
いかがでしたでしょうか。

『JAL CLUB EST』には年会費以上のメリットがあります。

これから新たにクレジットカードを作ろうと考えている20代の方々は、ぜひ申し込みましょう。

●●●
もっぷ

紹介された側の特典として『最大2,100マイル』のボーナスが存在するため、ご入会を検討している方は是非コメントを下さい!

 

\宮古島・下呂温泉など/

旅行の記事≫

人気記事 『フェリスヴィラスイート宮古島上野』に泊まってみた!~旅行ブログ編~
 
人気記事 「小豆島国際ホテル」に泊まってみた!~旅行ブログ編~
 

スポンサードリンク