バーンイン試験

【初心者向け】バーンイン試験について解説します!

●●●
困っている人

電子部品の工程で『バーンイン試験』というものがあった。
どんな試験なの?

 
こんな疑問を解消します。

バーンイン試験は『電子製品に温度&電圧ストレスをかけて出荷前の初期不良品を除去する試験』です。

故障率0を目標とする自動車部品などにおいて、初期不良品を除去するために実施されることがあります。

 
 
そこで今回は、『バーンイン試験』について解説していきます!
 

本記事の内容 ・ バーンイン試験の概要
・ バーンイン試験の効果
・ バーンイン試験とバスタブ曲線
・ まとめ
スポンサードリンク

バーンイン試験の概要

ビジネス資料のチェック
バーンイン試験は『電子製品に温度&電圧ストレスをかけて出荷前の初期不良品を除去する試験』です。

故障すると困るような精密製品は、実施していることが多いです。

●●●
もっぷ

スクリーニング試験の中でも、最も効果的な1つとなります。

 

バーンイン試験の効果

エクセルの関数
バーンイン試験は『故障率0を目指す精密製品』に対して実施されますが、バーンイン試験で除去できるのは『初期不良品のみ』です。

しかし、製品寿命全体で考えた場合には、とても効果があります。

 

●●●
もっぷ

その理由を理解するためには、『バスタブ曲線(故障率曲線)』について理解しておく必要があります。

 

バーンイン試験とバスタブ曲線

バーンイン試験とバスタブ曲線
上図のバスタブ曲線が表す通り、初期故障期間中の故障率は高いです。

そのため、バーンイン試験によって初期不良品を除去すれば、その後は『故障率が低い』高品質の製品を供給できます。

●●●
もっぷ

バスタブ曲線は重要であるため、しっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク
 

バーンイン試験まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

回路設計者であれば、『バーンイン試験』は必ず知っておくべき知識です。

バーンイン試験についてしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\クランプ回路・ブートストラップ回路など/

電子回路の記事≫

人気記事 【2021年最新版】電子回路でオススメの本 6選 を紹介します!
 
人気記事 『CR回路』と『RC回路』の違いについて解説します!
 

スポンサードリンク