自動車部品メーカーのインターンシップに参加した感想

【自動車部品メーカーのインターンシップ】志望動機の書き方や面接対策、さらに参加した感想を紹介します!

●●●
困っている人

将来は自動車部品メーカーで働きたい!
けど、志望動機の書き方や面接対策の仕方が分からないな…

私は大学院1年生の夏に2週間、「大手電機メーカーのインターンシップ」に参加しました。

その結果、就活解禁前にESや面接を経験することができ、また「大手電機メーカー」の雰囲気や業務内容を肌で感じることもできました。

 

他の業界も深く知りたいと思ったため、就活解禁前の2月には電機業界以外のインターンシップに参加しようと考え、様々な業界研究を始めました。

そして、電機業界以外で興味のある大きな業界と言えば「自動車業界」ということで、その関連企業の選考を受けました。

●●●
もっぷ

業界研究やES・面接対策を十分に行なってから挑みました!

その結果、「大手自動車部品メーカー」のインターンシップに合格できたので、実際に2週間のインターンシップに参加してきました。

 

そこで今回は

「自動車部品メーカー」のインターンシップ志望動機の書き方や面接対策、さらに参加した感想

を紹介していきます。

[adchord]

なぜ大手自動車部品メーカーを選んだのか

私は大学1年生から3年生までは軽自動車に乗っていたのですが、大学4年生の時にスバルのインプレッサに乗り換えました。

その際に、「乗る自動車が変わると運転する楽しさもこんなに変わるのか」と感心しました。

その結果、自動車に関わる仕事に興味を持ち始め、その中でも将来は自動車の駆動系に関わる仕事をしてみたいと思うようになりました。

 

「完成車メーカー」も受けてみようと思いましたが、「完成車メーカー」は2月にインターンシップを行っていなかったので「自動車部品メーカー」のインターンシップに応募しました。

そのため、「完成車メーカー」に興味がある方は必ず夏のインターンシップに応募するべきだと思います。

 

ES(エントリーシート)の内容と書き方

①研究内容の概略(約300文字)

②インターンシップの志望動機(約300文字)

③学生時代に取り組んだチャレンジ(約700文字)

①研究内容の概略(約300文字)

研究内容の概略は、それぞれ研究内容が違うので割愛させていただきます。

同じような研究を行っていた研究室の先輩のESを卒業前にゲットしておくことをおすすめします。

なければ、卒業論文などで使用していた分を使いまわせば大丈夫です。

 

②インターンシップの志望動機(約300文字)

インターンシップの志望動機は、以下のように書くことをおすすめします。

【インターンシップ志望動機の書き方】

「自分は~という研究を行っており、その研究を進めている過程でその分野で御社が優れた製品を多く世の中に出していることを知りました。~の分野でトップレベルの技術力を持つ御社のインターンシップで実際に働く先輩社員や環境に関わることで、その技術力を体感してみたい」

 

「御社の~の製品を実際に使用して非常に魅力を感じたため」という内容を記載する人が多くいますが、これでは自身の経験やスキルが入っていないため薄っぺらいと思われます。そのため、ESは通っても面接でそのように話したら落とされる可能性が高いです。

 

「自分は御社の~の事業分野と関連した研究を行っており、その分野の知識はあるため、インターンシップでは技術者の方がマンツーマンで付いてくれなくても何とか実習内容を進めていける」ことをアピールするべきなのです。

 

なぜなら、企業側も業務でとても忙しく、技術者の方は普段通りやるべき仕事もあり、付きっきりで教えている余裕はないからです。

ある程度の技術があることを「志望動機」でさりげなく伝えましょう!

 

③学生時代に取り組んだチャレンジ(約700文字)

「学生時代に取り組んだチャレンジ」は、「企業の求める人物像」を元に書く必要があります

例えば、某電機メーカーの「求める人物像」である「新たな価値を創造することで、変革を起こせる人」から考えると、

「新たな価値を創造し、変革を起こせる人」→「自分で新たに研究テーマを考え、自分で考えて進めた経験をアピールしてください」

ということになります。

他の某電機メーカーにおいても、

「周囲と協働することで、より大きな力を生み出す人」→「協調性があることが分かる経験をアピールしてください」

ということです。

このように、求める人物像から読み取ることができる求められている能力をESでアピールするべきなのです。

 

面接対策は何をすればよいのか

ES(エントリーシート)の内容と書き方において、「学生時代に取り組んだチャレンジ」は「企業の求める人物像を元に書く必要がある」ことを説明しました。

しかし、企業の求める人物像は1つではなく、必ず複数あり、エントリーシートではアピールしきれないと思います。

そこで、その他の企業が求めている能力がその学生に備わっているか審査するために、面接が行われるのです。

 

面接中に「他に具体的なエピソードはありますか?」と質問されることがあります。

そのような質問の意図は、「~の能力があるか本当に備わっているかまだ確認しきれていないため、もっと私たちにアピールしてください!」というメッセージを送ってきているのです。

そのため、面接中は「面接官は~の能力がもっとあることをアピールするチャンスをくれてるんだな」と思って話さなくてはいけません。

 

他にも、「なぜそれにチャレンジしてみようと思ったのですか?」というようなことを聞かれた時も、自発性があるのかアピールさせてくれようとしているのため、それを就活生側も理解してその能力があるエピソードをアピールしなければなりません。

以上のことを踏まえると、企業が求める全ての能力を面接でアピールできるように、各能力ごとに複数のエピソードを事前に用意しておくことが、面接対策として非常に重要となってきます。

 

面接官は能力ごとに点数を付け、機械的に上位から合格を出さなければならないため、点数が付くようにアピールしてください。

面接官の質問の意図をきちんと理解しながら、面接中の会話を進めることができるようになれば、どんな企業でも受かるようになると思います。

 

インターンシップの実習内容

これはあまり詳しく説明してはいけないので、大まかに紹介します。

【インターンシップ実習日程】

1日目:受け入れて頂く部署の方々に挨拶に行き、安全講習や実習スケジュールの説明を受ける。

2~12日目:回路設計・シミュレーション検証・回路の作成を体験させてもらう(かなりスパルタ)。

13日目:インターンシップの振り返りや感想をパワーポイントにまとめる。その後、部署の送別会に連れて行ってもらう。

14日目:同じ部署に配属されたインターンシップ生や課長クラスや部長さんの前で発表する(ここで部長に評価される)。その後、夜はインターンシップ生全体で打ち上げ。

私はかなりスパルタで叩き上げられましたが、受け入れてくれた部署が忙しかったりすると、ほとんど見学になったりすることもあります(他のインターンシップ生で実際にそうだった人がいた)。

そのため、同じ企業にインターンシップで参加しても、受け入れ部署次第で対応が変わってくると思います。

 

私の場合、今まで学んだことがない内容をいきなりやってみろと言われ、根性があるかを試されました。

ここが勝負どころだと思い、寮に戻ってからも夜中の2時まで悪戦苦闘しながら頑張りました。

その結果、インターンシップ参加後に貰える評価シートにおいて、2週間対応して頂いた社員の方からかなり良いコメントが頂けました。

 

インターンシップに参加した感想

本就活が有利になる

まず感じたのは、自動車部品メーカーの長期インターンシップに参加すると、本就活がかなり有利になることです!

インターンシップ中に社員の方々や他のインターンシップ生とお酒を飲みに行く機会が頻繁にあったのですが、自動車関連企業はインターンシップ生をかなり優遇するとみな口を揃えて言っていました。

実際、私が参加した企業も面接回数を1回だけにしてくれたり、他の就活性よりも圧倒的に早く面接してくれて内々定も凄まじく早かったです。

 

インターン中の評価が高いことが前提

ただし、それはインターンシップ中に指導しくれた社員の方からの評価が良かった場合に限ります。インターンシップ生の中には、評価が低かったために書類選考で落ちた人も僅かですが、いました。

しかし、大半のインターンシップ生は優遇されていました。インターンシップ参加後に貰えるフィードバックコメントの内容が良ければ、本就活で選考を受けても優遇されると思います。

以上を踏まえると、気になっている自動車部品メーカーがあれば是非インターンシップの選考に参加するべきです。

 

選考で落ちたとしてもメリットはある

もし落ちても、ダメな点を自分で省みて改善したり、早めに選考を体験できるなど、多くのメリットがあります。

また、インターンシップの面接に落ちても本就活で内定を勝ち取る人も沢山います。

なぜなら、インターンシップの面接時にはマイナスとなった点を事前に把握して本就活までに改善できたからだと思います。

受けて損はないので、まずは応募してみましょう!