医師

【鼻のレーザー手術】手術の体験記を紹介します!~鼻づまり解消ブログ~

  • 2020年1月10日
  • 2020年2月12日
  • 生活
  • 556view
●●●
困っている人

『鼻のレーザー手術』をやってみたい。
けど、手術だからやっぱり大変なのかな…

こんな疑問を解消します。

私は、この記事を書いている直前に『鼻のレーザー手術』を受けました。

手術前に『鼻のレーザー手術』を受けた感想が知りたかったのですが、ネット上ではあまり見つかりませんでした。

 
 
そこで今回は、私自身の『鼻のレーザー手術』の体験記を紹介します!
 

本記事の内容・ 鼻のレーザー手術を受けるには
・ 手術当日の流れ
・ 手術を受けた感想
・ 体験記まとめ

『鼻のレーザー手術』を受けるには

問診

『鼻のレーザー手術』を受けるには、事前に血液検査で異常がないことを確認しなければいけません。

私は血液検査で異常がないことを確認できたので、そこから2週間後に「手術の予約」をしました。

血液検査から2ヶ月以上経ってしまうと、その検査結果を利用できなくなることがあるので注意してください。

 
 
手術までには「血液検査」も含めて何回か通院する必要があります。

そのため、『手術を受けようと思う日』から逆算して、約2ヶ月前には問診を受けに行きましょう。
 

『鼻のレーザー手術』までの流れ

1.  『鼻のレーザー手術』を行っている耳鼻科に問診へ行く。
 
2.  鼻の状態を診てもらい、効果がありそうなら「血液検査」の予約をする。
 
3.  「血液検査」を行うと同時に、検査結果が正常な場合は『手術』をいつにするか医師と決める。
 
4.  「血液検査」の結果を貰いに行き、『手術』を受ける最終確認を行う。
 
5.  『鼻のレーザー手術』を受ける。

 
いかがですか?

意外と手術までに時間がかかりそうですよね。

また、大前提として『鼻のレーザー手術』をしない耳鼻科もあるため、事前に確認することをおすすめします。
 

『鼻のレーザー手術』当日の流れ

耳鼻科の診察室

当日の流れは、大まかに分けると以下の通りです。

少しわかりにくいですが、ご容赦ください。

1.  「鼻の状態」を確認してもらう。ここで、「鼻水が止まらない状態」だと手術は受けられない。
 
2.  「鼻水」を吸ってもらい、「鼻の中」を綺麗にしてもらう。
 
3.  「麻酔がしみ込んだガーゼ」を両穴に2つずつ挿入される。(かなり奥まで)
 
4.  「麻酔がしみ込んだガーゼ」が鼻に挿入されたまま、約15分待機する。
 
5.  「右側の鼻のガーゼ1つだけ」を抜き取り、「その鼻の入り口側の粘膜だけ」レーザーで粘膜を焼かれる。
 
6.  「左側の鼻のガーゼ1つだけ」を抜き取り、「その鼻の入り口側の粘膜だけ」レーザーで粘膜を焼かれる。
 
7.  「右側の鼻の残ったガーゼ」を抜き取り、「その鼻の奥側の粘膜」をレーザーで粘膜を焼かれる。
 
8.  「左側の鼻の残ったガーゼ」を抜き取り、「その鼻の奥側の粘膜」をレーザーで粘膜を焼かれる。

 
麻酔は「注射」ではなく、「ガーゼ」を使用します。

「注射が苦手な方」にとっては朗報かもしれませんね!

しかし、「ガーゼによる麻酔」もデメリットがあるのです…

続いて、『鼻のレーザー手術』を実際に受けた感想を紹介します。
 

『鼻のレーザー手術』を実際に受けた私自身の感想


『鼻のレーザー手術』を実際に受けた私自身の感想は、以下の3つです。

・ガーゼ麻酔の「挿入が痛い」

・レーザーは「麻酔が効いていない部分は痛い」

・レーザーで焼かれる部位によっては「くしゃみが止まらない」

 
それぞれについて解説していきます。
 

ガーゼ麻酔の「挿入が痛い」

ガーゼ

「麻酔がしみ込んだガーゼ」を2つも挿入されてしまいます。

片方のガーゼを挿入した後、もう1つのガーゼで「奥まで」ねじ込まれました…
 

●●●
もっぷ

正直に言います、25歳なのに涙が出ました…笑

 
お医者さんも、「これが一番つらいと思います!」と仰っていましたからね。

この点については『鼻のレーザー手術』を受ける方みんなが通る道です。

 
 
しかし、挿入した後の20分間はつらくありませんでしたよ。

口から多少の麻酔が垂れてきますが、ティッシュで押さえておけば良いだけです。
 

レーザーは「麻酔が効いていない部分は痛い」

鼻をつまむ男性

●●●
困っている人

麻酔をしてからレーザーで鼻の粘膜を焼くため、痛くないのでは?

●●●
もっぷ

いいえ、多少は痛いです。
特に「鼻の奥」を焼くときは…

 
「鼻の奥」は、麻酔がちゃんと効いていない部分も出てくるため、焼かれている時は若干痛いです。

しかし、耐えられない痛みではないので我慢できます。

むしろ、「麻酔がしみ込んだガーゼ」を鼻に挿入された時の方が痛かったですよ。
 

レーザーで焼かれる部位によっては「くしゃみが止まらない」

くしゃみ

●●●
困っている人

くしゃみ?
鼻のどこをレーザーで焼かれる時に?

●●●
もっぷ

「鼻の奥」を焼かれると、何故かくしゃみが出たんです。
これには本当に困りました…

 
元々粘膜が弱いところだったのかも知れませんが、焼かれるたびにくしゃみが出ました。

そのため、中々手術が進みませんでした。

ここはもう、我慢して少しずつ進めるしかなかったです。
 

スポンサードリンク
 

体験記まとめ

まとめ

1.  麻酔は「注射」ではなく、「ガーゼ」を使用する。しかし、「麻酔を染み込ませたガーゼ」の挿入が痛い。
 
2.  「鼻の奥」は、麻酔がちゃんと効いていない部分も出てくる。そのため、レーザーで焼かれている時は若干痛い場合もある。
 
3.  元々粘膜が弱い部分は、焼かれるたびにくしゃみが出る可能性あり。

 
いかがでしたでしょうか。

『鼻のレーザー手術』を受けてみると、以上のような「術前とイメージが違う点」がありました。

しかし、我慢できる範囲内であるため、ぜひ「鼻のレーザー手術」を試してみて下さい!

この記事が皆さんのお役に立つことを願っています。

 

スポンサードリンク
医師
最新情報をチェックしよう!