院試対策用の電磁気学参考書

【院試】電磁気学でオススメの参考書 7選を紹介します!

●●●
困っている人

院試の科目に電磁気学がある。
オススメの参考書ってどれ?

こんな要望に答えます。

院試で電磁気学を受ける方の中には、『どうやって勉強を進めていくべきか悩んでいる』という方も多いですよね。

今回紹介する参考書を使用すれば、院試の電磁気学が解けるようになります。

 
そこで今回は、『私自身が早く購入すべきだったと感じた7冊』を紹介していきます。
 

本記事の内容・オススメの参考書 4選
 -電磁気学キャンパス・ゼミ
 -物理入門コース 電磁気学I/II
 -理論電磁気学
・オススメの問題集 3選
 -詳解電磁気学演習
 -電磁気学演習
 -大学院入試問題から学ぶシリーズ 電磁気学
・まとめ

電磁気学のオススメ参考書

読書
オススメの参考書は、下記の4冊です。

電磁気学のオススメ参考書

電磁気学キャンパス・ゼミ

物理入門コース 電磁気学I/II

理論電磁気学

 
 
1つずつ解説していきます。
 

電磁気学キャンパス・ゼミ


『電磁気学を最初から学び直したい方』にオススメの1冊です。

単位は取れたけど、しっかり勉強してないからほとんど内容を覚えていない。

 
 
以上のような方は、最も簡単な参考書である『マセマ・シリーズ』で基礎から学び直しましょう。

本の内容

1.電磁気学のプロローグ

2.静電場

3.定常電流と磁場

4.時間変化する電磁場

5.マクスウェルの方程式と電磁波

 
 
『電磁気学を理解する上で必須のベクトル解析も解説されている』ため、全くの初心者ですらスラスラ読み進めることができます。

●●●
もっぷ

『まずは基本事項を復習したい』という方は、ぜひマセマ・シリーズを試してみて下さい。

 

物理入門コース 電磁気学I/II


岩波書店から出ている有名な参考書であり、『解説文が分かりやすい』ことで人気です。

大学1,2年生時には、数式ばかりの参考書を使用していて理解しにくかった。

 
 
以上のような方は、『的確な解説があってイラストでもイメージしやすい』この本がオススメです。

本の内容(電磁気学I)

1.電荷にはたらく力

2.静電場の性質

3.静電場の微分法則路

4.導体と静電場

5.定常電流の性質

6.電流と静磁場

本の内容(電磁気学II)

8.マクスウェルの方程式と電磁波

9.物質中の電場と磁場

10.変動する電磁場と物質

 
 
『高校レベルの電磁気学が分かっている人はスラスラ読める』ため、ぜひ試してみて下さい。

●●●
もっぷ

『高校レベルの電磁気学』に自信が無い方は、マセマ・シリーズの方がオススメです。

 

理論電磁気学


『電磁気学の基礎は身に付いている方』にオススメの1冊です。

特に、院試での出題頻度が高い『Maxwell方程式』についての解説が分かりやすいと定評があります。

 
 
少し難しいですが、大学院でも電磁気を使用するのであれば読んで損はありません。

本の内容

1.真空電磁場の基本法則

2.マクスウェルの方程式の一般的性質

3.静止物体中のマクスウェルの方程式

4.静電場

5.定常電流

6.静磁場

7.準定常電流

8.電磁波

9.電磁の放射

10.運動物体の電磁気学―特殊相対論へのあゆみ

11.特殊相対論

12.電磁場と変分原理

 
 
私自身もそうですが、『辞書代わりに入手している方も多い』です。

●●●
もっぷ

電磁気学に自信が無い方は『マセマ・シリーズ』や『物理入門コース』を使用して下さい。

 

電磁気学のオススメ問題集

積み上げた本
オススメの問題集は、下記の3冊です。

電磁気学のオススメ問題集

詳解電磁気学演習

電磁気学演習

大学院入試問題から学ぶシリーズ 電磁気学

 
 
1つずつ解説していきます。
 

詳解電磁気学演習


『電磁気学の問題集と言えばこの本』と言われるほど有名な1冊です。

ただし、問題数が膨大であるため、全てを解く必要はありません。

 
 
『院試過去問でつまづいた際に、この本で類似問題を探して解く』というような使い方をオススメします。

本の内容

1.静電界I:真空中の静電界

2.静電界II:真空中の導体系

3.静電界III:誘電体中の静電界

4.静電界IV:静電界の特殊解法

5.定常電流

6.静磁界

7.電気磁気の相互作用I:定常電流と磁界

8.電気磁気の相互作用II:電磁誘導

9.交流

10.電磁波

11.静磁界

12.静磁界

13.電磁波とその放射

 
 
私自身も、『自分が受ける大学院試験の頻出問題をこの本で解いて鍛える』という使い方をしていました。

●●●
もっぷ

多くの受験生が『辞書』のような使い方をします。

 

電磁気学演習


『良問揃いの問題集』としてオススメの1冊です。

『詳解電磁気学演習』は問題数が多すぎてやる気が出ない。

 
 
以上のように感じた方は『院試での頻出問題に絞っている』この本を使用してみて下さい。

本の内容

1.クーロンの法則

2.電位

3.コンデンサー

4.電流

5.電流と磁場

6.磁場から受ける力

7.磁性体

8.電磁誘導

9.電磁波

 
 
『分布定数回路や電磁波の問題もある』ため、網羅性は高いです。

●●●
もっぷ

1問1答形式であり、青チャートのように使えます。

 

大学院入試問題から学ぶシリーズ 電磁気学


『難関大学院の試験過去問を集めた問題集』です。

『実際の院試問題』から頻出分野を取り上げているため、効率良く学習を進めることができます。

本の内容

1.電荷と静電場

2.静電場内の導体と誘電体

3.電流,磁場,磁性体

4.電磁誘導,マックスウェル方程式,電磁波

 
 
『解説もかなり詳しい』ため、解きながら新たな気づきがあったりします。

●●●
もっぷ

様々な大学院の過去問を解くことにより、応用力が高まること間違いなしです。

 

院試の電磁気学でオススメの参考書まとめ

まとめ

今回は、『院試の電磁気学でオススメの参考書 7冊』をご紹介しました。
 

いかがでしたでしょうか。

電磁気学は難しいため、心が折れることも沢山あります。

今回紹介した参考書を利用すれば、『院試で出題されるほとんどの問題パターンを網羅可能』です。

気になった本を1冊でも良いので試して頂き、皆さんのお役に立つことを願っています。

\共同研究のメリット・デメリットなど/

大学院・研究室の記事≫

人気記事 【院試】数学でオススメの参考書 17選を紹介します!
 
人気記事 【院試】電子回路でオススメの参考書 3選を紹介します!