大学生にオススメの本

【2021最新】大学生にオススメの本 6選 を紹介します!

●●●
困っている人

大学生のうちに、今後の人生で役立つ教養・知識を身に付けたい。
オススメの本ってある?

こんな要望に答えます。

大学生の中には、『今後の人生で役立つ本が知りたい』という方も多いですよね。

今回紹介する本を読めば、今後の人生に役立つ『教養・知識』が身に付きます。

 
そこで今回は、『私自身が早く読むべきだったと感じた6冊』を紹介していきます。
 

本記事の内容・理科系の作文技術
・影響力の武器
・金持ち父さん 貧乏父さん
・20代にしておきたい17のこと
・20歳の自分に受けさせたい文章講義
・嫌われる勇気
・まとめ

理科系の作文技術


文系・理系関係なく、『レポートなどのライティング技術が向上する』本です。

『元学習院大学学長の木下是雄氏』によって書かれた本であり、この本を読めば『ライティングの基本』を学ぶことができます。

【本の内容】

1.序章

2.準備作業

3.文章の組立て

4.パラグラフ

5.文の構造と文章の流れ

6.はっきり言い切る姿勢

7.事実と意見

8.わかりやすく簡潔な表現

9.執筆メモ

10.手紙・説明書・原著論文

11.学会講演の要領

 
 
『句読点の打ち方』や『事実を述べる方法』など、正確な文章を構築するために不可欠な技術が身に付きます。

『人に伝わる文章≠正しい文章』を理解できるようになれば、一生の財産になるでしょう。

●●●
もっぷ

『就職してからも役立つ知識』ばかりであるため、ぜひ読んでみて下さい。

 

影響力の武器


『人間心理の原理原則』 を内容とする『ロングセラー心理学書』です。

『人は何故動かされてしまうのか』、その仕組みや防衛法などが書かれています。

【本の内容】

第1章 影響力の武器

第2章 返報性―昔からある「ギブ・アンド・テイク」だが

第3章 コミットメントと一貫性―心に住む小鬼

第4章 社会的証明―真実は私たちに

第5章 好意―優しさうな顔をした泥棒

第6章 権威―導かれる服従

第7章 希少性―わずかなものについての法則

第8章 手っとり早い影響力―自動化された時代の原始的な承諾

 
 
この本を読めば、セールスマンなどの『承諾誘導のプロ』がどのようなテクニックを使用しているか 分かるようになります。

情報で溢れている現代社会の中で、『騙されないための防衛法』を学びましょう。

●●●
もっぷ

実生活で役立つ『知識・テクニック』が身につくため、ぜひ読んでみて下さい。

 

金持ち父さん 貧乏父さん


『お金の哲学』を学べる『王道の書籍』 です。

日本人の多くが、お金を稼ぐためには『真面目に勉強して大企業に入ることが正しい』と思っています。

しかし、『時間を切り売りするサラリーマン』では、本物のお金持ちになることは不可能です。

 
 
この本を読めば、『時間を切り売りするサラリーマン』を脱却して『金持ち父さん』になるための『お金に関する哲学』を学ぶことができます。

【本の内容】

▪️教えの書

金持ち父さん、貧乏父さん-ロバート・キヨサキが語ったこと

金持ち父さんの六つの教え

金持ちはお金のためには働かない

お金の流れの読み方を学ぶ

 

▪️実践の書

まず五つの障害を乗り越えよう

スタートを切るための十のステップ

具体的な行動を始めるためのヒント

 

▪️エピローグ

たった七千ドルで四人の子供を大学に行かせた男の話

 

●●●
もっぷ

『お金のバイブル』と言われる1冊であるため、ぜひ早めに読んでみて下さい。

 

20代にしておきたい17のこと


著者が『30代より上のあらゆる世代の人に「20代にやっておいたらよかった」と思うことをインタビューして得た結果』をまとめた1冊です。

自分自身の人生と照らし合わせ、『今後の生き方を考えるきっかけ』にしてみて下さい。

【17のリスト】

人生最大の失敗をする

大好きなことを見つける

一流のものに触れる

人生を100パーセント楽しむ

死ぬほどの恋をする

一生付き合える親友を見つける

両親と和解する

自分のルーツを知る

才能のかたちを知る

専門分野を持つ

メンターを探す

人生が変わる本と出会う

質問力を鍛える

お金と時間の管理を学ぶ

没頭できる趣味を持つ

異文化に触れる旅に出る

運について学ぶ

 
 
『17のリスト』について解説した後の、締めの言葉「幸せは自分で決める」が非常に印象に残っています。

私自身、この本を読んで『一瞬で過ぎてしまう20代のかけがえない時間を大切にして、何にでも挑戦しよう』と思えました。

●●●
もっぷ

『毎日を漠然と過ごしている人』『やりたいことが分からない人』にオススメの1冊です。

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義


「話せるのに書けない」を解消するための1冊です。

自分の「考え」や「意見」を言葉では表現できるが、文章だと上手く表現できない。

 
 
多くの人に、このような経験があると思います。

この本を読めば、自分の「考え」や「意見」を文章でも上手く表現することができるようになります。

【本の内容】

はじめに 「話せるのに書けない!」のはなぜか?

ガイダンス その気持ちを「翻訳」しよう

第1講 文章は「リズム」で決まる

第2講 構成は「眼」で考える

第3講 読者の「椅子」に座る

第4講 原稿に「ハサミ」を入れる

 
 
著者は『文章を書くな、翻訳しろ』と本文で述べています。

この本を最後まで読んだ後、その意味がはっきり分かるでしょう。

●●●
もっぷ

社会人になってからも『文章で表現する』という機会は非常に多いです。
大学生のうちに、この本で『文章で表現する方法』を学びましょう。

 

嫌われる勇気


「人生に悩んだ時、何のために生きているのか考える指針となる」1冊です。

ストレスで溢れている現代社会の中で、『どのように生きれば幸福で豊かになれるか』追求していく内容となっています。

【本の内容】

第1夜 トラウマを否定せよ

第2夜 すべての悩みは対人関係

第3夜 他者の課題を切り捨てる

第4夜 世界の中心はどこにあるか

 
 
私自身、この本を読んだ後には『承認欲求』をできるだけ捨てようと思いました。

現代人は『他人からの目』を過度に気にしており、気付かないうちに『他人の人生を生きている』と感じたためです。

●●●
もっぷ

今後どのように生きていけば、幸せになれるか気づける1冊です。

 

大学生にオススメの本まとめ

まとめ

今回は、『大学生にオススメの6冊』をご紹介しました。
 

いかがでしたでしょうか。

若いうちには、学ぶ時間がたくさんあります。

今回紹介した本を読めば、『今後の人生で役立つ教養・知識』が身に付きます。

気になった本を1冊でも良いので読んで頂き、皆さんのお役に立つことを願っています。

\大学生活に役立つ情報/

大学生の記事≫

人気記事 【新入社員が感じた】大学生の時にやるべきことを紹介します!
 
人気記事 【理系大学生必見】TOEICが就活で有利になった実体験を紹介します!

スポンサードリンク