CMOSの意味

【初心者向け】CMOSの「意味」について解説します!

●●●
困っている人

電子回路で『CMOS』という用語がよく出てくる。
どんな意味なんだろう?

こんな疑問を解消します。

『CMOS』とは、PチャネルとNチャネルのMOSFETを「相補的に」組み合せたデジタル回路の一種です。

コンピュータのCPUを構成する基本回路として利用されており、広く普及しています。

 
 
そこで今回は、CMOSの「意味」について解説していきます!
 

本記事の内容・ CMOSの意味
・ CMOSの回路構成
・ まとめ
スポンサードリンク

CMOSの意味

電子回路
CMOSとは、『PチャネルとNチャネルのMOSFETを「相補的に」組み合せたデジタル回路の一種』であり、様々な機器の電子回路で使用されています。

『Complementary Metal Oxide Semiconductor』の略であり、以下の特徴があります。

【CMOSの特徴】

・電源は3V ~ 16V

・電源が『Vdd』と定義される

・ノイズに強い

・消費電力が小さい(発熱が小さい)

 
 
MOSFETで構成されるCMOSに対して、バイポーラ-Trで構成されるTTLもセットでよく出てくるため、TTLの記事もぜひご覧ください。
 
関連記事 【初心者向け】TTLの「意味」や「レベル」について解説します!
 

●●●
もっぷ

続いて、『CMOSの回路構成』について説明していきます。

 

CMOSの回路構成

CMOSの回路構成
CMOSの回路は、『P-ch MOSFET:上部、N-ch MOSFET:下部のトーテムポール構成』です。

それぞれのMOSFETは、下記の場合にオンします。

『Vcc – Vin > Vth』の場合、上部のP-ch MOSFETがオン

『Vin – GND > Vth』の場合、下部のN-ch MOSFETがオン

 
 
つまり、Vin = Hi(1) ⇒ Vout = Lo(0)、Vin = Lo(0) ⇒Vout = Hi(1)となるのです。

このCMOSを複数組み合わせることにより、バッファやインバータなどのデジタル回路が作られています。

●●●
もっぷ

コンピュータのCPUも、このCMOSで0/1をコントロールして動作しているのです。

 

CMOSの意味まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

電子回路を扱う上でCMOSは必須の知識です。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\クランプ回路・ブートストラップ回路など/

電子回路の記事≫

関連記事 【初心者向け】CMOSレベルについて解説します!
 
関連記事 【初心者向け】CMOSのファンアウトについて解説します!
 

スポンサードリンク