楽天ポイントの貯め方

【2021年最新版】楽天ポイントの貯め方を紹介します!

●●●
困っている人

『楽天経済圏』を利用すれば、ポイントがザックリ貯まるらしい。
楽天ポイントの貯め方が知りたい!

こんな疑問を解消します。

私自身、大学生の時から現在まで『楽天経済圏』を8年間利用し、通算97,000ポイント貯めました。

●●●
もっぷ

その結果、楽天ポイントの『魅力』や『貯め方』を身をもって知ることができました。

 
そこで今回は、経験に基づいた楽天ポイントの『魅力』や『貯め方』を紹介していきます。
 

本記事の内容・ 楽天ポイントの魅力
・ 楽天ポイントの貯め方
・ まとめ
スポンサードリンク

楽天ポイントの魅力

メリット
楽天ポイントの魅力は、下記の3つとなります。

楽天カードのメリット

1.お客様が選ぶNo.1

2.圧倒的に貯まりやすい

3.沢山のシーンで貯まる

 
では、1つずつ説明していきます。
 

1.お客様が選ぶNo.1

TOP
楽天ポイントは、お客様が選ぶ下記の全てにおいてNo.1となっています。(2016年度)

1.昨年もっとも貯まったポイント

2.ポイント総合満足度

3.もらって嬉しいポイント

 
ユーザーからの評価が圧倒的に高いため、楽天ポイントを利用する人はこれからも増えていきそうです。
 

2.圧倒的に貯まりやすい

500円玉貯金

街で買い物をする際、楽天ポイントカードを提示するだけで『100円につき1ポイント』貯まります。

●●●
もっぷ

『Tポイント』や『Ponta』と同様に、掲示するだけ良いです。

 
ちなみに過去に1万ポイント以上獲得した方は『2,170万人以上』います。

そして更に、10万ポイント以上の楽天ポイントを貯めた方の数は、なんと『500万人以上』もいるのです。

【ポイントゲッター数】

1万ポイント以上獲得:2,170万人

5万ポイント以上獲得:900万人

10万ポイント以上獲得:500万人

(参照:楽天ポイント お楽しみ図鑑)

●●●
もっぷ

私自身も、9.7万ポイント獲得しています!

 

3.沢山のシーンで貯まる

ポイントカード掲示

街でのお買い物に加え、『楽天市場』や『楽天トラベル』などのサービスを利用することによって更にポイントが貯まります。

ここがTポイントやPontaとの大きな違いであり、掲示だけでなく『楽天のサービス』を利用することで多くのポイントが貯まるのです。

●●●
もっぷ

私自身、普段から『楽天のサービス』を利用しているため、かなりのポイントが貯まっています。

 

楽天ポイントの貯め方

ビジネス資料のチェック
楽天ポイントの貯め方について、下記の5つを紹介します。

楽天ポイントの貯め方

1.楽天市場

2.楽天カード

3.楽天トラベル

4.楽天モバイル

5.楽天証券

 
では、1つずつ説明していきます。
 

1.楽天市場

楽天市場
楽天市場は、日本最大級のネットショッピングモールです。

●●●
もっぷ

全ての買い物で『100円につき1ポイント』貯まるため、私自身も普段から利用しています。

 
後で紹介する『楽天カード』を利用することでポイントが+2倍になります。
 
 
さらに、『楽天証券』や『楽天モバイル』等のサービスも利用すると『+3倍、+4倍…』と上がっていきます。

●●●
もっぷ

私自身は『楽天銀行』『楽天カード』『楽天モバイル』を利用しているため、ポイント6倍です。

 

楽天市場では何でも売っている!

市場のカニ
楽天市場では『食品』『洋服』『家電製品』など、様々なものが販売されています。

しかも、通常よりも安く売られていることが多いため、普段の買い物を楽天市場に切り替えるだけでもかなりの節約になるのです。

●●●
もっぷ

何か欲しいものがあれば、必ず楽天市場で検索しています。

\お買い得セール実施中/

 

2.楽天カード

楽天カード
『楽天カードマン』のCMでおなじみ年会費が永年無料のクレジットカードです。

もちろん、楽天カードを使えば街での買い物でも『100円につき1ポイント』貯まります。

●●●
もっぷ

年会費無料なのにポイントが沢山貯まるため、学生時代にとても重宝していました。

 

楽天市場でのポイントが+2倍にUP!

楽天SPU

画像から分かるように、楽天市場で購入したものを楽天カードから支払えばポイントが+2倍になります。

キャンペーン未実施の場合でも関係なく、常にポイント+2倍です。

●●●
もっぷ

『100円につき3ポイント』も貯まるのです。

 

\5,000ポイント獲得キャンペーン中/

 

ポイント機能とEdy機能がついている

電子マネー
楽天カードには『ポイント機能』と『Edy機能』が付いています。

ポイント機能は、『Tポイント』や『Ponta』と同様に、支払い時にカードを掲示するだけでポイントが貯まります。

 
 
『Tポイント』や『Ponta』との違いは、Edyで支払うと『200円につき1ポイント』貯まる『Edy機能』が付いている点です。

●●●
もっぷ

また、楽天カードからチャージするように設定しておけば、さらに『200円につき1ポイント』貯めることができます。

 
 
『楽天カード』については下記の記事で詳しく紹介しているため、是非ご一読ください。

人気記事【2021年最新版】楽天カードのメリットとデメリットを紹介します!
 

3.楽天トラベル

楽天トラベル
楽天トラベルは、宿泊予約・航空券予約ができるオンライン総合旅行サイトです。

『予約料金100円につき1ポイント』貯めることができ、キャンペーン中だと『100円につき10ポイント』貯まることもあります。

●●●
もっぷ

ホテルや旅館の宿泊料金って高額になるため、楽天トラベルを通せばポイントが沢山貯まるのです。

 
しかも、今まで貯めたポイントを使用して予約することもできます。

\今ならセール実施中/

 

4.楽天モバイル

楽天モバイルは、楽天が提供している『格安SIM』です。

数多くある格安SIMの中でも、楽天モバイルは『格安スマホの契約数がNo.1』となっています。

●●●
もっぷ

私自身も、社会人になってから楽天モバイルを契約しました。

 
『楽天モバイルの月額料金100円につき1ポイント』貯めることができ、楽天市場でのポイントも+1倍UPします。

『楽天モバイル』については、下記の記事で詳しく紹介しているため、是非ご一読ください。

人気記事【体験談】楽天モバイルのメリットやデメリットを紹介します!
 

5.楽天証券

楽天証券
楽天証券は400万人以上のお客様に選ばれている安心の大手ネット証券会社です。

楽天証券で投資を行えば、投資額に応じてポイントもゲットできます。

 
 
また、今まで貯めた楽天ポイントを使って100円から投資を行うことができるため、初心者の方にオススメです。

●●●
もっぷ

私自身も、『楽天ポイント500円分』を使用して積立NISAを購入しています。

月1回500円以上のポイント投資(投資信託)を設定すれば、楽天市場でのポイントも+1倍UPする特典もあります。
 

まとめ

まとめ
以上の内容をまとめさせて頂きます。

まとめ

・街での買い物に加え、楽天市場などを利用すれば、様々なサービスでポイントが貯まる。

・楽天カードは年会費が永年無料であり、楽天市場で購入したものを楽天カードで支払えばポイントが+2倍UPする。

・貯めたポイントを『楽天トラベル』や『楽天証券』で使用することもできる。

 
いかがでしたでしょうか。

楽天のサービスを沢山利用すれば、多くのポイントが貯まります。

しっかりとポイントを貯めたい方にはオススメなので、ぜひ『楽天経済圏』を有効活用してください。

\新入社員の年収・残業など/

新入社員の記事≫

人気記事 【2020年最新版】新入社員にオススメの本6選を紹介します!
 
人気記事 【逆オファー型の就活サイト】「マイナビジョブ20’s」のメリット・デメリット!評判・口コミを調査
 

スポンサードリンク