Lenovo IdeaPad S540実機レビュー

【実機レビュー】Lenovo IdeaPad S540 (15):コスパ最強のスタイリッシュ15.6型ノートPCを購入しました!

●●●
困っている人

「Lenovo IdeaPad S540 (15)はコスパ最強らしい。
購入するべきか判断するため、実際に使用している人のレビューが知りたい。

 
こんな要望に答えます。

IdeaPad S540 (15) を検討している方の中には、『本当に購入するべきか迷っている』という方も多いですよね。
 

結論から言うと、「IdeaPad S540 (15) は、コンパクト&スリム、低価格&高性能であるため、必ず購入すべきノートPC」です。

 
 
そこで今回は、『Lenovo IdeaPad S540(15)の実機レビュー』を紹介していきます。
 

本記事の内容・IdeaPad S540 (15)のマシンスペック
・IdeaPad S540 (15)の特徴
・実機レビューまとめ

IdeaPad S540 (15)のマシンスペック

IdeaPad S540 (15)のマシンスペック
マシンスペックは、以下の通りです。

Lenovo IdeaPad S540 (15)のマシンスペック
CPU Intel Core i7-8565U (1.80GHz) / Intel Core i7-10510U (1.80GHz)
Intel Core i5-8265U (1.60GHz) / Intel Core i5-10210U (1.60GHz)
Intel Core i3-10110U (2.10GHz)
GPU NVIDIA GeForce GTX 1650 / Intel UHD Graphics
メモリ 4GB / 8GB/ 12GB
ストレージ(SSD) 256GB / 512GB/ 1TB
ディスプレイ 15.6型
解像度 フルHD IPS液晶 LEDバックライト 光沢なし 1920×1080
OS Windows 10 Home
 バッテリー 約17.3時間
 サイズ 約358 x 245 x 16.9mm
重量 約1.8kg
光学ドライブ なし
価格 ¥55,440 ~

(マシンスペックは記事執筆時点のデータであり、随時変更されます)

 

IdeaPad S540 (15)の特徴

メリット
IdeaPad S540 (15)の特徴について、下記の6点を解説します。

IdeaPad S540 (15)の特徴

① コストパフォーマンス

② 外観

③ サイズ・重量

④ ディスプレイ・カメラ・スピーカー

⑤ キーボード

⑥ インターフェース

 
それでは、1つずつ順番に説明していきます。
 

① コストパフォーマンス

コストパフォーマンス
Ideapad S540(15)の最大の特徴は、「スペックに対する価格の安さ」です。

例えば、「第10世代Core i5、メモリ8GB、256GB SSD、フルHDのIPS液晶」のモデルが6万円台となっています。

●●●
もっぷ

このスペックを6万円台で購入できるのは、コスパ最強です。

 

② 外観

IdeaPad S540 (15)の外観

本体カラーは「ミネラルグレー」のみで、「上品で洗練された印象」を受ける色です。

スタイリッシュなデザインであり、パッと見は「Macbook」と似ていてます。

●●●
もっぷ

アルミボディであるため、安っぽさは全くありません。

 
 
IdeaPad S540 (15)の天面

天板はマット調となっており、指紋が付きにくいザラザラ加工となっています。

●●●
もっぷ

さわり心地も良く、清潔感に溢れています。

 
 

③ サイズ・重量

IdeaPad S540 (15)のサイズ
サイズは「幅358mm x 奥行245mm(15.6型)」で、A4ノートより少し大きいです。

●●●
もっぷ

この大きさなら、リュックやカバンにも入ります。

 
IdeaPad S540 (15)の厚み

厚さは「16.9mm」とかなり薄く、カバンのスリットポケットにも入ります。

●●●
もっぷ

他メーカーの15.6型と比べても、薄い方です。

 
重量は約1.8kgであり、モバイルノートPCとしては少し重いですが、他メーカーの15.6型と比較すると軽いです。

●●●
もっぷ

持ち運べないレベルではありませんので、「15.6型のモバイルノートPCで軽量なもの」を探している方にオススメです。

 
IdeaPad S540 (15)の付属ACアダプター

付属のACアダプターは約220gと軽いため、持ち運びやすいです。

●●●
もっぷ

バッテリーが約17.3時間もつため、私はあまり持ち運ぶ機会はありません。

 

④ ディスプレイ・カメラ・スピーカー

IdeaPad S540 (15)のディスプレイ

ディスプレイは「フルHD (1920 x 1080) IPS液晶」です。

また、非光沢であるため、「蛍光灯や背景が強くが映り込りこむ」ということがありません。

●●●
もっぷ

「長時間使用でも目が疲れにくい」メリットもあります。

 
IdeaPad S540 (15)の視野角
視野角が広いため、斜めから見ても色調の変化はほとんどありません。

●●●
もっぷ

他人にディスプレイを見せる機会がある人は、視野角が広いものがオススメです。

 
IdeaPad S540 (15)の180°開閉

ディスプレイは「180°開閉」が可能です。

●●●
もっぷ

タッチパネル非対応であるため、利用シーンは少ないと思います。

 
IdeaPad S540 (15)のカメラ

カメラは「HD 720p対応 プライバシーシャッター付」が前面に付いています。

●●●
もっぷ

テレワークなどのオンライン会議でも使用できます。

 
IdeaPad S540 (15)のスピーカー

スピーカーは、キーボードの左右に配置されています。

●●●
もっぷ

スピーカーが真上を向いており、スピーカから直接音が耳に届きます。
そのため、音質はけっこう良いです。

 

⑤ キーボード

IdeaPad S540 (15)のキーボード

キーボードは「テンキーなしの日本語配列」となっています。

主要な英数字キーについては違和感はありませんが、右側の「Backspace/Enter/Shift」周辺は少し狭いため、最初は違和感があるかもしれません。

●●●
もっぷ

「キーピッチ:19mm」と広めであるため、タイピングはしやすいです。

 
IdeaPad S540 (15)のキー高さ

「キー高さ:1mm」と浅めです。

●●●
もっぷ

しかし、タイピングに支障が出るほどではありません。

 
IdeaPad S540 (15)のキーボードバックライト

キーボードの「バックライト機能」があり、暗いところで役立ちます。

●●●
もっぷ

「Fn+スペースキー」でオン・オフ可能です。(明るさは2段階で調整可能)

 
IdeaPad S540 (15)の指紋認証

指紋認証リーダーがあり、指を乗せるだけでログインできるため、起動が早くてかなり楽です。

●●●
もっぷ

セキュリティ面でも、指紋認証の方がパスワード入力より良いです。

 

⑥ インターフェース

IdeaPad S540 (15)のインターフェース
インターフェースは、以下のものが用意されています。

インターフェース

電源ジャック

HDMI

USB3.0 Type C

マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック

Novoボタン

SDカードリーダー

USB3.0

(Powered USB)

 
IdeaPad S540 (15)の右サイドのインターフェース
右サイドには、「USB3.0コネクタ×2(片方はPowered USB)、SDカードリーダー、Novoボタン」があります。

●●●
もっぷ

Powered USBは、電源オフ状態でも充電可能です。

 
IdeaPad S540 (15)の左サイドのインターフェース
左サイドには、「電源ジャック、HDMI、USB3.0 Type-C、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック」があります。

●●●
もっぷ

「USB3.0 Type-C」があるのはありがたいです。

 

Lenovo IdeaPad S540 (15)の実機レビューまとめ

IdeaPad S540 (15)
IdeaPad S540 (15)は、スペックに対する価格が非常に安い「コスパ最強のノートPC」です。

アルミボディのスタイリッシュなデザインであり、外観は「高級感」があります。

大学生やブロガーにもオススメであるため、ぜひ検討してみて下さい。