ザ・キャピトルホテル東急

『ザ・キャピトルホテル東急』の『エグゼクティブスイート』に泊まってみた!~旅行ブログ編~

●●●
困っている人

『ザ・キャピトルホテル東急』の『エグゼクティブスイート』が高評価らしい。
 
実際どうなのかな?

 
こんな疑問を解消します。

私は11月に『ザ・キャピトルホテル東急』の『エグゼクティブスイート』 に「1泊2日」で宿泊しました。
 
 

実際に宿泊してみて、以下の点が非常に良かったと感じています。

・  特別感があり、仕事のモチベーションが上がる

・  スタッフの対応が素晴らしい

 
 
そこで今回は、
『ザ・キャピトルホテル東急』の『エグゼクティブスイート』に実際に泊まってみた感想を紹介します。
 

本記事の内容・ ホテルの宿泊費
・ 部屋の構成
・ 寝室の居心地が良い
・ ターンダウンサービス
・ 風呂はそこそこ広い
・ 風呂から外の景色が一望できる
・ 独立洗面台が2つ
・ 紅茶とコーヒー
・ ウォークインクローゼット
・ シャンプー・コンディショナー…
・ 化粧水&ヘアトニック…
・ ウェルカムドリンク&菓子
・ 専用ラウンジ『The Capitol Lounge SaRyoh』
・ 朝食ルームサービス
・ スタッフ対応が素晴らしい
・ まとめ

ホテル宿泊費は『大人2名で272,250円』

費用

土曜日から大人2名で、以下のプランで1泊しました。

料理:クラブラウンジ朝食付き

部屋のタイプ:エグゼクティブスイート

料金:272,250円(1泊あたり136,125円/人)

 
 
かなり高額ですが、その分だけ部屋のクオリティやサービスが素晴らしかったです。

特別感が凄く、明日からも仕事を頑張ろうというモチベーションが高まりました。

●●●
もっぷ

記念日など、『特別な日』に泊まるのをオススメします。

 

部屋の構成

ザ・キャピトルホテル東急の部屋構成
私たちが宿泊した『エグゼクティブスイート』は、以下のような部屋構成となっていました。

【部屋構成】

・広さ104.7㎡

・27 ~ 29階に位置するコーナースイート

・リビングルームとベッドルームが独立

 
 
部屋がコーナーに位置しているため、音を気にすることもありません。

そのため、静かで優雅な時間を過ごせます。

●●●
もっぷ

高階層であるため、部屋からの景色も抜群です。

 

寝室の居心地が良い

ザ・キャピトルホテル東急の寝室
寝室にソファーがあり、今までで最も座り心地が良かったです。

寝室からの景色も素晴らしく、自分が『特別な存在』であるかのように錯覚するレベルでした。

●●●
もっぷ

『この部屋にもう一度泊まるためにもっと頑張ろう』と思うほど素晴らしかったです。

 

ターンダウンサービス

ザ・キャピトルホテル東急のターンダウンサービス

ターンダウンサービスとは、『夕方頃にスタッフが部屋に入り、ベッドを整えてくれるサービス』です。

ザ・キャピトルホテル東急の場合は、以下のサービスとなっています。

【ターンダウンサービス】

・ベッドメイク

・チョコレートとミネラルウォーター用意

・ベッド上にパジャマの用意

・ベッド横の床にマット設置

 
 
チョコレートが用意される理由は、『睡眠前のチョコレート摂取で睡眠の質が向上する』からです。

●●●
もっぷ

他の高級ホテルよりも手厚いサービスとなっていました。

 

風呂はそこそこ広い

ザ・キャピトルホテル東急の風呂

風呂は洗い場が付いているタイプです。

安価なホテルだと、湯船で身体も洗わなければいけませんよね。

●●●
もっぷ

2人で入れるくらいのスペースは余裕でありました。

 

風呂から外の景色が一望できる

ザ・キャピトルホテル東急の風呂からの景色
お風呂がガラス張りとなっているため、湯船に漬かりながら東京の夜景が一望できます。

また、清掃もほぼ完ぺきであり、清潔感に溢れていました。

●●●
もっぷ

27階以上であるため、かなり景色が良かったです。

 

独立洗面台が2つ

ザ・キャピトルホテル東急の洗面台
独立洗面台が2つもあるため、朝から洗面スペースの取り合いになることがありません。

アメニティもそれぞれの洗面台にあり、贅沢感がありました。

●●●
もっぷ

ちなみに、トイレも2つありますよ。

 

紅茶とコーヒー

ザ・キャピトルホテル東急のコーヒーと紅茶

ネスプレッソ社製のコーヒーメーカーと、高級ティーブランドの『TWG Tea』がありました。

シンガポール生まれの『TWG Tea』は、東京都内に独立店舗が4つもある程の人気ブランドです。

●●●
もっぷ

私のオススメは『バニラブルボン』であり、ノンカフェインなので普段から夜リラックスしたい時に飲んでます。

 

ウォークインクローゼット

ザ・キャピトルホテル東急のウォーキングクローゼット
ウォーキングクローゼットが付いており、荷物台・シューケア用品などがありました。

連泊する人でないと使いきれないサイズでしたが、広いに越したことはありません。

●●●
もっぷ

ウォーキングクローゼットとパウダースペースが繋がっており、身支度しやすかったです。

 

シャンプー&コンディショナー&ボディーソープ

ザ・キャピトルホテル東急のシャンプーなど

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは、スイートルーム専用の『Guerlain(ゲラン)』が用意されていました。

価格を調べてみたところ、以下の通りでした。

【Guerlainのアメニティ価格(参考)】
 
シャンプー、コンディショナー、ボディーローション
 
各50mのセット:3,700円(税込)

 
 
ゲランはフランス経済産業省の『Living Heritage Company(無形文化遺産企業)』にも認定されており、シャンプーの泡立ちなども良かったです。

●●●
もっぷ

上質なアメニティが用意されている点も、女性にはグッドポイントですね。

 

アフターシェーブローション&ヘアトニック&ヘアリキッド

ザ・キャピトルホテル東急の化粧水など
化粧水などが無かったため、コンシェルジュに問い合わせたところ、資生堂の『AUSLESE(アウスレーゼ)』を持ってきてくれました。

価格を調べてみたところ、以下の通りでした。

【AUSLESEのアメニティ価格(参考)】
 
アフターシェーブローション: 110mL 1,650円(税込)
 
ヘアトニック: 220mL 2,200円(税込)
 
ヘアリキッド: 198mL 1,980円(税込)

 

●●●
もっぷ

スイートならコンシェルジュがデスクがあるので、必要なものは電話すれば届けてくれます。

 

ウェルカムドリンク&菓子

ザ・キャピトルホテル東急のウェルカムドリンクと菓子
エグゼクティブスイートはクラブフロアに位置しているため、専用ラウンジ『The Capitol Lounge SaRyoh』でチェックインできます。

『シャンパン』と『和菓子』を頂き、『国会議事堂』を見下ろしながら手続きを済ませました。

●●●
もっぷ

ホテル滞在のスタートから『特別感』を味わえます。

 

専用ラウンジ『The Capitol Lounge SaRyoh』

ザ・キャピトルホテル東急のクラブフロア専用ラウンジ
クラブフロアの部屋を予約すれば、専用ラウンジ『The Capitol Lounge SaRyoh』を利用可能です。

時間帯ごとに異なるサービスがあり、ティータイムやカクテルタイムを優雅に過ごせます。

【ラウンジの飲食サービス】
 
朝食: 7:00〜11:00
 
ティータイム: 11:30〜13:30
 
アフタヌーンティー: 14:00〜16:00
 
カクテルタイム: 17:00〜21:00

 

●●●
もっぷ

カクテルタイムには、シェフがローストビーフを作ってくれました。

 

朝食ルームサービス

ザ・キャピトルホテル東急の朝食ルームサービス
スイートルーム宿泊だったため、朝食を『ラウンジ』or『ルームサービス』か選択可能でした。

アメリカンブレックファースト、和朝食、コンチネンタルブレックファーストなどがあり、私たちは『アメリカンブレックファースト』を選択しました。

【アメリカンブレックファースト内容】
 
ドリンク:オレンジジュースorグレープフルーツジュースorミックスベジタブルドリンクorトマトジュース
 
カスピ海プレーンヨーグルト
 
彩り野菜サラダ
 
卵料理:スクランブルエッグorフライドエッグorオムレツ
 
サイドディッシュ:ハムorベーコンorソーセージ
 
キャピトル自家製ブレッド盛り合わせ
 
ジャム3種(ストロベリー、ブルーベリー、マーマレード)、発酵バター
 
コーヒーor紅茶orカフェラテ

 

●●●
もっぷ

ホテル内のオールデイダイニング『ORIGAMI』でも提供されている朝食であり、料金は4,000円(税抜)となっています。

 

スタッフ対応が素晴らしい

オッケー
最も良かった点は、スタッフの対応が素晴らしかったことです。

ホテル内のレストランが予約一杯だったのですが、なんとレストランから部屋までデリバリーしてくれました。

●●●
もっぷ

スタッフの対応が素晴らしいと、精神的にも癒されます。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

『ザ・キャピトルホテル東急』の『エグゼクティブスイート』は高額ですが、それに見合うメリットが沢山あります。

特別な日にオススメの宿であるため、ぜひ検討して下さい。

\小豆島・下呂温泉など/

旅行の記事≫

人気記事 「紗々羅」に泊まってみた!~旅行ブログ編~
 
人気記事 「小豆島国際ホテル」に泊まってみた!~旅行ブログ編~
 

スポンサードリンク