Windowsフォルダ操作のショートカットキー

【Windowsフォルダ操作】ショートカットキーで作業スピードアップ!

●●●
困っている人

マウスの移動時間がもったいない。
ショートカットキーで作業時間を短縮したいな…

こんな悩みを解消します。

毎日パソコンを使用していると、『もっと作業スピードを高めたい』と思う時がありますよね。

『ショートカットキー』をマスターすれば作業スピードがアップし、簡単に業務の効率化を実現できます。

そこで今回は、Windowsフォルダ操作の『ショートカットキー』について紹介します!
 

本記事の内容・ 効率化に繋がるショートカットキー
・ エクスプローラの起動
・ フォルダの移動
・ パスのコピー
・ ファイル/フォルダを閉じる
・ ファイル/フォルダ名の変更
・ まとめ
スポンサードリンク

効率化に繋がるショートカットキー

Windows
まずは、普段から私が使用している『ショートカットキー』を紹介します。

その後、膨大な種類のショートカットキーの中から『私自身の効率化に最も繋がっている5つ』を紹介させて頂きます。

ショートカットキー
用途
『Windowsキー』+『E』 エクスプローラを起動する。
『Alt』+『Tab』 ウィンドウを切り替える。
『Windowsキー』+『D』 デスクトップに移動する。
『Ctrl』+『W』 ファイル/フォルダを閉じる。
『Alt』+『F4』 アプリケーションを終了する。
『Ctrl』+『S』 上書き保存する。
『Ctrl』+『E』 検索画面にカーソルを合わせる。
『Alt』+『D』 URLやファイルアドレスを全選択する。
『F2』 ファイル/フォルダ名を変更する。
『Windowsキー』+『R』 ファイルを指名して実行する。
『Windowsキー』+『矢印キー』 開いてる画面のサイズ変更する。
『Windowsキー』+『数字』 フォルダを起動する。
『Alt』+『矢印キー』 フォルダを移動する。
『Shift』+『右クリック』 パスをコピーする。
『Ctrl』+『N』 新しいウィンドウを開く。

 

『Windowsキー』+『E』: エクスプローラの起動

エクスプローラの起動
ファイル管理ができるアプリケーション『エクスプローラー』を起動させることができます。

Windowsを仕事で使用していれば、頻繁に『エクスプローラ』を開く機会がありますよね。

●●●
もっぷ

私自身、多い時は1日に20回以上は使用します。

 

『Alt』+『矢印キー』: フォルダの移動

フォルダの移動

矢印によって、以下のようにフォルダ移動することができます。

ショートカットキー
用途
『Alt』+『↑』 1つ上の階層に戻る。
『Alt』+『←』 直前に開いていたフォルダに戻る。
『Alt』+『→』 戻る前に開いていたフォルダに進む。

 

●●●
もっぷ

フォルダの階層移動を多用する人にはオススメです。

 

『Shift』+『右クリック』: パスのコピー

パスのコピー
選択しているファイル/フォルダのパスをコピーすることができます。

業務をしている中で、関係者にフォルダやファイルのパスを教える機会は多いですよね。

●●●
もっぷ

ファイルのパスを作成するのは面倒くさいため、現在はこの方法を多用しています。

 

『Ctrl』+『W』: ファイル/フォルダを閉じる

ファイル・フォルダを閉じる
ファイル/フォルダを閉じるときにクリックする『×』と同じ機能となります。

マウスでカーソルを『×』に移動し、さらにクリックする作業が不要となるため、このショートカットキーはかなり効率が良いです。

●●●
もっぷ

エクスプローラを多く開いている場合、この方法で一気に閉じるとスッキリします!

 

『F2』: ファイル/フォルダ名の変更

ファイル・フォルダ名の変更
『選択しているファイル/フォルダ名を変更する』ことができます。

フォルダ整理するために、ファイル/フォルダ名を変更することは頻繁にありますよね。

●●●
もっぷ

私自身、このショートカットキーは時間短縮に大きく貢献していると感じています。

 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

業務効率化したい方に『Windowsフォルダ操作のショートカットキー』は最もオススメです。

ショートカットキーをしっかりとマスターしましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\新入社員の年収・残業など/

新入社員の記事≫

人気記事 【2020年最新版】新入社員にオススメの本6選を紹介します!
 
人気記事 【逆オファー型の転職サイト】『ミイダス』のメリット・デメリット!評判・口コミを調査
 

スポンサードリンク