ソークの意味

【初心者向け】ソークの「意味」や「用途」を解説します!

  • 2020年7月2日
  • 2020年7月17日
  • 自動車
  • 154view
●●●
困っている人

自動車について勉強していく中で「ソーク」というワードをよく耳にする。
どんな意味なんだろう?

こんな疑問を解消します。

ソークは、『自動車におけるエンジン停止状態』を意味します。

自動車工学では必須の知識であるため、ソークの『意味』や『用途』は必ず覚えておかなければなりません。

そこで今回は、ソークの『意味』や『用途』について解説します!
 

本記事の内容・ ソークとは
・ ソーク時間とは
・ どんな用途で利用されるのか
・ 故障チェックの際にはECUを起動させる
・ まとめ
スポンサードリンク

ソークとは

停車
ソークとは、『自動車におけるエンジン停止状態』を意味するワードです。

ソークという言葉よりは、関連ワードである『ソーク時間』『ソークタイマ』がよく使用されます。

●●●
もっぷ

英単語であるsoakは、『浸す・つける』を意味します。

 

ソーク時間とは

砂時計
ソーク時間とは、『エンジンを停止してから、次にキースイッチONするまでの時間』を意味します。

例としては、『帰宅時に駐車してキースイッチをオフしてから、翌日の出社時にキースイッチをオンするまでの時間』が挙げられます。

●●●
もっぷ

エンジン停止の時間ということですね。

 

どんな用途で利用されるのか

プログラム
ソーク時間は、『エンジン停止してから異常判断ができるくらい時間が経過したか』をカウントするために使用されます。

自動車には多くのセンサが存在しており、そのセンサが故障しているか否かを定期的にチェックする必要があるのです。
 
 
 
しかし、センサの中には、車両動作中だと故障チェック精度が低くなってしまうものがあります。

そこで、エンジン停止してから車両状態が安定した際に故障チェックを行うために、『エンジン停止してからどれくらい時間が経過したのか』ソーク時間を利用して測定しているのです。

 

故障チェックの際にはECUを起動させる

ヘッドライト
故障チェックするためには、チェックを行うECU(Electronic Control Unit)に電源を供給して起動させなければなりません。

そのため、ソーク時間が一定以上経過してからECUが起動するような仕組みとなっています。

●●●
もっぷ

ECUの起動信号を生成する役割もあるのですね。

 

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。

自動車エンジニアにとって『ソーク』は必須の知識です。

ソークの『意味』や『用途』をしっかりと理解しましょう。

この記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

\自動車工学に関する情報/

自動車の記事≫

トップへ戻る☝

スポンサードリンク