労働時間

【メーカー新入社員】新卒1年目の『労働時間』を公開します!

●●●
困っている人

もうすぐ社会人になる。
1年間の労働時間はどれくらいなんだろう?

こんな疑問を解消します。

私は大学院を修了し、昨年の4月から「大手自動車部品メーカー」で働いています。

怒られながらも仕事をこなし、ようやく年末を迎えることができたため、私自身の「新卒1年目の労働時間」を計算しました。

そこで今回は、メーカー新入社員である私自身の『新卒1年目の労働時間』を紹介していきます!
 

 

記事の信頼性筆者は「大手自動車部品メーカー」1年目のエンジニアです。

労働時間の種類

所定労働時間

労働時間には、「所定労働時間」「所定外労働時間(残業時間)」の2種類があります。

『所定労働時間』とは、企業ごとに定められている「定時出勤から定時退社までの労働時間」です。

【所定労働時間の例】

定時出勤:9時00分

定時退社:18時00分

休憩時間:1時間

所定労働時間:9時間 ー 1時間 = 8時間

 
私が入社した企業の場合、『所定労働時間』は8時間でした。

定時を超えた分に関しては、『所定外労働時間(残業時間)』となります。

この『所定外労働時間(残業時間)』に働くと、時給換算で25%以上の割増賃金となることが法律で定められています。

今回、私自身の労働時間は『所定労働時間』と『所定外労働時間』の2種類を含めて紹介させていただきます!
 

毎月の労働時間はどれくらい?

タイムカード

では早速、毎月の残業時間を紹介します。

毎月の労働時間(『所定労働時間』+『所定外労働時間』)
4月 161.15時間
5月 166.50時間
6月 178.05時間
7月 201.50時間
8月 151.50時間
9月 165.30時間
 10月 169.50時間
 11月 185.00時間
12月 166.75時間
合計 1,545.25時間
平均 171.69時間

 
「4月~12月」までの1ヶ月の平均労働時間は「171.69時間」になりました。

また「1ヶ月あたり約20日」出勤するため、1日あたりの平均労働時間は「8時間35分」です。

どうですか?

私的には、「新入社員だから、これくらいの労働時間だろうな」と思いました。

しかし、1ヶ月ごとに「労働時間のばらつき」がありますよね。

次はこの理由を説明していきます!
 

毎月の労働時間に「ばらつき」がある理由

グラフ資料

労働時間は、4月・5月が少ないのに対して6月~8月は多くなっています。

なぜこのように労働時間に「ばらつき」があるのか説明していきます。

・4月〜5月中旬までは『新入社員研修』を受けていたため、ほとんど残業が無かった。
 
・5月中旬〜8月末までは『工場実習』でバリバリ残業をしていた。
 
・9月は「部署配属されたばかり」で、まだ業務を学んでる段階であったため、残業ぼぼなし。
 
・10月は『おかわり工場実習』がありましたが、4週間という短い期間であったため、仕事を完璧に覚える前に終わってしまった。
 
・11月は業務を少しずつ任せられるようになったため、毎日少しだけ残業をしていた。
 
・12月は事業部で「残業規制の御触れ」が発表されたため、残業時間を絞られてしまった。

 

●●●
もっぷ

平均すると「1日当たりの労働時間」は少ないけど、月によっては「1日あたり10時間以上」の時もありました。
10時間を超えてくると「メンタル」がやられましたね…

できれば、毎月同じくらいの労働時間が良いです。

いきなり労働時間が増えると「疲れ」が一気に増しますからね…
 

『所定外労働時間(残業時間)』はどれくらい?

残業する男性

「4月~12月」まで残業時間合計は「148.05時間」になりました!

「1ヶ月あたりの平均」や「1日あたりの平均」は、以下のような計算になります。

・1ヶ月あたり16.45時間

・1日あたり約0.82時間

 
私は、「1日に1時間以下の残業だと楽だな」と感じました。

『残業代』なども含めて、「詳細な解説」は以下の記事で紹介しています!

>>【メーカー新入社員】新卒1年目で残業時間はどれくらいある?
 

労働時間を短くするには?

定時退社

●●●
困っている人

新入社員でも1日あたり「8時間35分」も働くのか…
もっと短くできないのかな?

●●●
もっぷ

労働時間を短くするには、「所定労働時間を短くする」or「残業をしない」を実現するしかないです。
『全く残業させない会社』もあるんですよ!

 
四季報を読んで「この企業は残業時間が少ないな」と思って入社する人も多いです。

しかし、実際に働き始めると「四季報などに載ってた情報と違う。残業時間が多い…」となることもあります。

そうならないためには、「ホワイト企業」の情報を就活前からゲットし、他の就活生より早く就活を進める必要があります。

私自身も「ホワイト企業」に入社するため、就活ノートを利用して他の就活生より早く情報収集を行っていました。
 

人気企業から内定をゲットする方法

ガッツポーズ

結論を言うと、『他の就活生より早く就活を始める』です!

内定までの基本的な流れは、以下の通りです。

1.  エントリー

2.  ESを通過

3.  第1次・第2次面接を通過

4.  最終面接を通過

どの企業でも『ES』と『面接』があるのです。

その『ES』と『面接』は、「就活前から実践と改善を繰り返す」ことで上手くなっていきます!

そのため、『本命企業』を受ける前に『早期選考を行っている企業』で練習することが大切です。

●●●
困っている人

どうやって早期選考している企業を見つけたの?

●●●
もっぷ

私は「スカウトサイト」を利用して、『早期選考を行っている企業』からオファーが来るようにしていました。

 
私の場合は、キミスカを利用していました。

企業を紹介してもらえるだけではなく、「就活コンサルタント」が常駐しているため、いつでも相談することができます。

これから就活を控えている方は、ぜひ利用してみて下さい。

>>『キミスカ