新卒1年目のフレックスタイム制

【メーカー新入社員】フレックスタイム制は本当に利用できる?どう利用しているの?

●●●
困っている人

最近は「フレックスタイム制」の企業が多いらしい。
魅力的だけど、本当に利用できるのかな?

私は大学院を修了し、昨年の4月から「大手自動車部品メーカー」で働いています。

『フレックスタイム制の部署』に配属されてから4ヶ月程経ちましたが、存分にフレックスタイム制を活用しています。

そこで今回は、新入社員がフレックスタイム制を「本当に利用できるか」「どう利用しているか」について解説します!
 

本記事の内容・ フレックスタイム制とは
・ 新入社員でも利用できる
・ 利用できない部署もある
・ どう利用しているのか
・ 残業しすぎた月は積極的に活用
・ まとめ

 

記事の信頼性筆者は「大手自動車部品メーカー」1年目のエンジニアです。

フレックスタイム制とは

10時を指す時計

従業員が「自由な時間に出退社する」ことができる制度です。

大抵の場合、『コアタイム』という絶対に会社に居なくてはならない時間帯が決められています。

私の場合だと、コアタイムが「10:10~15:10」であるため、10:10までに出社すれば良いです。

 
多くの企業でこの『フレックス制度』が導入されているのですが、新入社員でも利用できるか気になりますよね。
 

メーカー新入社員でもフレックスは利用できる!

ビジネスフレックス

自分の勤務実績を調べたところ、「11月〜12月」の全出勤日でフレックスタイム制を活用していました。

定時より早く出社している日もあれば、定時より遅く出社している日もあります。

先輩や上司から「フレックスを積極的に活用してね!」という嬉しいお言葉も頂いているので、遠慮なく活用しています。

 
また、同じ部に所属している同期も大半が活用しています。
 

同じ会社でもフレックスを利用できない部署もある

フレックス禁止

しかし、フレックスを全く利用していない同期も複数いました。

その利用していない同期たちは、「製造部と密接に関係がある」部署に所属しています。

●●●
困っている人

「製造部と密接に関係がある」部署は、何でフレックスを使えないの?

●●●
もっぷ

「フレックス制度がない」製造部と一緒に仕事をしなければならないからですよ!

 
モノづくりメーカーの製造部は「24時間体制」で生産ラインを動かしているため、出勤時間は厳密に決められています。

そのため、フレックス制度を導入できません。

その製造部と一緒に仕事するような部署は、勤務時間を製造部に合わせる必要があるので、結果的に利用しにくいのです。

 
フレックスを利用したい方は、配属面談でその旨を伝えるべきだと思います。
 

フレックスタイムをどのように活用しているのか

電車

私の場合、定時が「8:40〜17:40」なのですが、この時間に出社しようとすると通勤電車が非常に混んでいます。

そこで、定時より15分遅い「8:55」に出社して混雑時間から逃れています。

15分遅くするだけでも満員電車から解放されるため、フレックス制度は非常に便利です。

逆に朝早く目が覚めてしまった日には、逆に定時より早く出社して、その分早く帰宅しています。

 
また仕事帰りに病院へ行きたい時にも、定時より早く出社して、その分早く帰社して病院に行きます。

混雑している土曜日に病院へ行かなくても良いので、非常に助かっています。
 

残業しすぎた月に、フレックスで残業時間を減らす

定時退社

最近は、『働き方改革』として「残業時間の上限」を決める会社が多くなっています。

そのため、残業しすぎると会社から怒られてしまうのです。

●●●
困っている人

でも、忙しい時は残業しないと納期に間に合わない…
どうすればいいんだよ!

●●●
もっぷ

残業しすぎた分は、フレックスを活用して定時よりも前に帰宅すればよいのです。
そうすれば、残業時間を減らすことができますよ。

 

【フレックスを活用した残業時間の削減】
 
月間残業時間の上限:45時間
 
1月30日までの残業時間:46時間
 
1月31日の残業時間:‐1時間(定時18時の場合、17時に帰宅する}
 
1月の残業時間:46時間 – 1時間 = 45時間

 
 
私自身も、フレックスを活用して残業時間の調整を行っています。

「新卒1年目の残業時間」については以下の記事で紹介しているので、是非ご覧ください。

 

まとめ

まとめ

・『フレックス制』とは、従業員が「自由な時間に出退社する」ことができる制度である。ただし、『コアタイム』には会社に居る必要がある。
 
・メーカー新入社員でも『フレックス制』を利用可能だが、製造部と関連性が高い部署に配属された場合は活用しにくい。
 
・『フレックス制』を活用することで、通勤時の混雑を避けることができ、また早く帰社して病院に行ったりすることもできる。

 
いかがでしたでしょうか。

自分の生活スタイルに合わせて、出退社時間を調整できる「フレックス制」は非常に便利だと感じてもらえたと思います。

メーカーなら新入社員でも利用できるため、上司や先輩と相談して有意義に利用していきましょう。

この記事が皆さんのお役に立てば幸いです。

\新入社員の年収・残業など/

新入社員の記事≫

人気記事 【2020年最新版】新入社員にオススメの本6選を紹介します!
 
人気記事 【逆オファー型の転職サイト】『ミイダス』のメリット・デメリット!評判・口コミを調査
 

スポンサードリンク