wizballの仕組みを解説します

【wizball】の仕組みや、LINEポイントの効率的な稼ぎ方を解説します!

  • 2019年7月1日
  • 2020年8月11日
  • 生活
  • 161view
●●●
困っている人

『wizball』って何?
LINEポイントを稼げるらしいけど、どんなサービスなの?

と思っているのではないですか?
私も『wizball』を始める前は、同じように疑問に思っていました。

『wizball』がどんなサービスか知るため私自身も2019年1月1日から『wizball』を始め、実際にこれまでLINEポイントを貯めてきました。

 

そこで今回は、

『wizball』の仕組みや効率的な稼ぎ方

を紹介していきます!

『wizball』とは

『wizball』は、LINEが運営している知識共有のためのQ&Aサービスです。

Yahoo!の知恵袋などのQ&Aサービスと使い方は同じであり、『wizball』内で質問や回答などを行うことによってポイントが貰えるシステムとなっています。

その『wizball』で入手したポイントは、LINEポイントに交換できるのです!

 

『wizball』の仕組み

①LINK Point(LP)とは

『wizball』内でのポイントです。

10LINK Point 貯まると、5000LINEポイント(=5000円分)と交換することができます。

そのため、『1LP=500LINEポイント』となります。

このLPですが、『質問』や『回答』、『vote』を行うことでゲットできます。

『質問』や『回答』、『vote』については順次説明していきます!

 

②Wiz Power(WP)とは

各ユーザーがどれだけ『wizball』へ貢献したかを示す数値です。

これもLPと同じように『質問』や『回答』、『vote』を行うことでWPが貰えます。

WPはLINEポイントには交換出来ませんが、年に2回、このWPとLPのポイントに応じたボーナスがLPとして運営から貰えます。

そのため、WPが高いほど定期的に貰えるLPも高くなります。

 

③質問を作成する

自分が疑問に思っていることを文章にして質問を作成します。

質問を作成する際には、pickインセンティブという回答者に与えるポイントを設定します。

このpickインセンティブは7割~8割は戻ってきますが、2割ほどは回答者に付与されてしまいます。

しかし、このpickインセンティブが大きいほど回答者が増えるため、貢献度であるWPが多く貰えます。

pickインセンティブを設定した場合、回答者の中からベストアンサーだと思うのを忘れないでください。

ベストアンサーを選べば、設定したpickインセンティブの7割~8割は戻ってきます。

 

④質問に対して回答する

他のユーザーが作成した質問に対して回答します。

回答した内容が他のユーザーからVoteされたり、ベストアンサーとして選ばれることでLPを獲得することができます。

回答する質問はできるだけpickインセンティブが高いものを選び、長文で回答すると効率的にLPを稼いでいくことができます。

 

⑤Voteとは

自分が良いと思った質問や回答に対して行うことが出来るTwitterやInstagramの『いいね』と同じような機能です。

Voting Power(VP)というポイントがあり、各ユーザに一定時間ごとに4%ずつ貯まります。100%を超えるとそれ以上は貯まらなくなっています。

このVPを使用して、良いと思った質問や回答に対してvoteすることができます。

そのvoteした回答がベストアンサーに選ばれると、voteしたユーザーにもLPが報酬として支払われます。

そのため、どの回答がベストアンサーに選ばれるかを考えてvoteした方が良いです。

 

⑥pickとは

ベストアンサーを選ぶことを意味します。

自分の回答が質問者からpickされることで報酬が貰えます。

また、自分がpickインセンティブを設定して質問をした場合は、pickインセンティブの一部を回収するためにベストアンサーを必ず選びましょう。

 

効率的にLPを稼ぐ方法

基本的には、質問はあまりせずに回答に重きをおいた方が良いです

その回答する質問も、pickインセンティブが高いものを選びましょう。

なぜなら、pickインセンティブが高い質問は閲覧者が増え、voteする人も多いからです。

ベストアンサーに選ばれなくてもvoteが集まればLPが獲得できます。

 

最後に

『wizball』は知識を得ることができるだけでなく、LINEポイントまで獲得することができる非常におすすめのシステムです。

質問や回答するのが好きな方はぜひ始めてみてください!